哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

2017年人文書めった斬り!☆ゲンロンカフェ

今年最初の大仕事。

genron-cafe.jp

2017/2018年の「人文的大賞」は...

アイデア大全

アイデア大全

問題解決大全

問題解決大全

なお、同じメンバーで1月24日にもトークイベントをします。

www.kinokuniya.co.jp

遊びにきてください。

書評連載#24☆KOKKO

雑誌『KOKKO』での書評連載。

漫画 君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか

KOKKO 第28号

KOKKO 第28号

http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909237071www.hanmoto.com

バックナンバー。

  1. カフカ『ポケットマスターピース01 カフカ』
  2. アンソニー・B・アトキンソン『21世紀の不平等』
  3. スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ『チェルノブイリの祈り──未来の物語』
  4. 浅野智彦『「若者」とは誰か――アイデンティティの30年 増補新版』
  5. ジョセフ・ヒース『啓蒙思想2.0――政治・経済・生活を正気に戻すために』
  6. マレー・シャナハン『シンギュラリティ――人工知能から超知能へ』
  7. ジョシュア・グリーン『モラル・トライブズ──共存の道徳哲学へ』(上・下)
  8. 吉良智子『女性画家たちの戦争』
  9. アトゥール・ガワンデ『死すべき定め――死にゆく人に何ができるか』
  10. 高史明『レイシズムを解剖する――在日コリアンへの偏見とインターネット』
  11. 今泉忠明監修『おもしろい! 進化のふしぎ――ざんねんないきもの事典』
  12. ピエール・バイヤール『読んでいない本について堂々と語る方法』
  13. ジャック・ランシエール『無知な教師』
  14. ジョナサン・ハイト『社会はなぜ左と右にわかれるのか——対立を超えるための道徳心理学』
  15. 海野つなみ『逃げるは恥だが役に立つ』1〜
  16. ジョージ・オーウェル『一九八四年 新訳版』
  17. デサール、パーキンズ『マイクロバイオームの世界――あなたの中と表面と周りにいる何兆もの微生物たち』
  18. 小平麻衣子『夢みる教養――文系女性の知的生き方史』
  19. キャス・サンスティーン『選択しないという選択――ビッグデータで変わる「自由」のかたち』
  20. テオ・コステル『アンネ、わたしたちは老人になるまで生き延びられた。』
  21. ラファエル・A・カルヴォ、ドリアン・ピーターズ『ウェルビーイングの設計論――人がよりよく生きるための情報技術』
  22. 三中信宏『思考の体系学──分類と系統から見たダイアグラム論』
  23. ジェニファー・ダウドナ、サミュエル・スターンバーグ『CRISPR――究極の遺伝子編集技術の発見』

堀之内出版 - 公式ウェブサイト

随筆☆しししし

本屋発の文芸誌『しししし』に寄稿しました。

  • 吉川浩満「残念な人」、『しししし』vol. 1(特集*宮沢賢治)、双子のライオン堂出版部、2017/12

liondo.thebase.in

賢治とは無関係の随筆です。

f:id:clinamen:20171225234023j:plain:w200 f:id:clinamen:20171225234145j:plain:w200

liondo.jp

今年の1冊10選☆シノドス

シノドスが配信するアカデミックジャーナル『αシノドス』に寄稿しました。テーマは「今年の1冊」。さあ、どの本を挙げたでしょうか。

synodos.jp

シノドス現代社会が抱える重要問題について毎月2回も充実した情報と見解を提供してくれる電子マガジンです。毎月新書1冊分の値段で数冊分の内容。ぜひご購読ください。私も講読しています。

ご購読方法
https://synodos.jp/a-synodos
通常版
月額540円(税込)、毎月2回配信(1日・15日)
テキストファイルおよびEPUBファイル、2種類のファイルでお届けします。
初回は、お申し込み開始の前号とセットで配信します。
αsynodosご購読お申し込み(通常版)
iアプリ
月額840円(税込)、毎月2回配信(1日・15日)
年間購読(8,400円・税込)で、全バックナンバーが読み放題。
アプリのダウンロードは無料です。まずはサンプル記事をお試しください。

談話☆京都新聞

京都新聞』の特集「いのちとの伴走」に談話が掲載されました。

  • 【談話】「いのちとの伴走 iPS細胞誕生10年 第6部 変わる生の形2」、京都新聞、2017/12/23

進む脳科学、でも解けぬ心の謎 <変わる生の形・心と脳> : 京都新聞

たいへん丁寧に取材をしてくださいました。

京都新聞