読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

善悪の根源

文学

ヘヴン

ヘヴン

帯の「善悪の根源」云々というキャッチコピーにつられて購入。

この人の作品を読むのは初めてだし、ふだん新刊小説をほとんど読まないので、テキトーなことを述べるのも気が引けるのだが、しかしせっかく読んだのでテキトーに記すと、前半は村上春樹の「私小説」で後半は永井均の「倫理学」、といった印象。とはいえ、べつに彼らを思い起こしたというだけのことで、この作品を貶すつもりはぜんぜんなく。完成度は高いと思う。

気に入った登場人物はなんといっても主人公=僕の「母さん」(継母)。ちょっと抜けたところを感じさせるし、微妙にユーモラスで好感を持たざるを得ない。この人がいなければ作品は完結しなかったであろう。最後のシーンで作品が救われている感じがするのも彼女のおかげと思う。