読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

試聴&購入@タワレコ


試聴に次ぐ試聴。

だいたい1〜2か月に1回くらいのペースで(最上階から降りていきながら)全フロアで試聴しまくるようにしている。しかし今日は早めに引き上げないとまずい――台風の影響で電車が動かなくなったら困る――状況だったので、クラシックとジャズのフロアはパス。で、いわゆる洋楽と邦楽のフロアのみを巡回した。

いくら試聴をしても購入するのは最大で1枚と決めていたのだが、購入したディスクは試聴なしという皮肉な結果に。

  • !!!, LOUDEN UP NOW, Beat Records, 2004

Louden Up Now

Louden Up Now

さっそく帰る途中で聴いてみた。すると突然ミック・ジョーンズとBig Audio Dynamite(BAD)の記憶がよみがえってきて困った。ひょっとしてこれは、双方にとって失礼なことなのだろうか。業界的にも失言なんだろうか(>Bambiraptorちゃん)。その辺のことはよくわからんが、いちおう事実として記しておく次第。

◇!!! - 公式サイト
http://brainwashed.com/!!!/

 *-*

試聴したなかで刮目したディスクは下記のとおり。

Black Coffee

Black Coffee

アル・クーパー、30年ぶりのソロ作品。30年ぶりって……それだけですごい。よっぽど買おうかと思ったが、また次回にでも(次回があれば)。

flowers

flowers

かのボブ・マーリィの愛娘、Steph Pocketsのセカンドアルバム。アマゾンのデータでは「タイトル未定」となっているが(ひどい。2005年7月26日現在)、ちゃんと店頭に並んでいた。タイトルは『Flowers』。聴いたことのない人はジギー・マーリィの女性版みたいなのを期待するかもしれないが、(ちがうアーティストなのだから当たり前のことながら)ステフ・ポケッツはずいぶんとちがう。かなーりヒップホップである。注目はボブ・マーリィのカヴァー「Could you be loved」。よかったが、掟を破って買うには及ばず。

X & Y

X & Y

よかったが、掟を破って買うには及ばず。

Guero

Guero

新譜というには旧いが(リリースは3月)。よかったが、掟を破って買うには及ばず。

Bug

Bug

再発。久しぶりに聴いてもあいかわらずよかったが、掟を破って買うには及ばず。

in dock

in dock

ドラマーのイスの高さがたまらない溺死(デキシード・ザ・エモンズ)。「「チビ」「デブ」「ハゲ」とすべての女性のニーズに応えるルックスをもつバンド」とはアベ・ジュリー談(らしい)。よかったが、掟を破って買うには及ばず。

BIG BEAT MIND!!

BIG BEAT MIND!!

あいかわらず精力的に活動……2枚組。甲本ヒロトほかも参加。かなり迷ったが、ふと我に返り棚に戻す。

ソウルパンチ

ソウルパンチ

われらがCKBCRAZY KEN BAND)の新譜。21曲入りCD+DVDの2枚組で3000円。あいかわらずのサーヴィス精神に脱帽。したのだが、ふと我に返り棚に戻す。

 *-*

いやあ、全部は買っていられませんよ旦那。(当たり前のことだし、誰からも全部買えなどという無法な要求をされたことはないのだが。)

◇@TOWER.JP - TOWER RECORDS
http://www.towerrecords.co.jp/