読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

90年代式マッサージ(?)

音楽

こんどは喉痛と腹痛がひどい。それにこの倦怠感はなんだ。体調を崩して仕事を思うようにできない無力感からくるものだろうか。病院も開いていないし、マッサージでもしてもらおうかと、もみ処に行ってきた。

そうだった。毎回行ってから気がつくのだが、ここは80年代式マッサージのお店なのだった... 

どんなものだろうか。偶然だろうけど(*)、もみ師さんの押しと「神様ヘルプ!」の「ヘルプ! ヘルプ! ヘルプ!」が妙にシンクロしてる場合どうしたらいいのだろうか。「シンクロしてますね」とか言ったほうがいいのだろうか。ぼくは、もみ師さんも「あ、俺いまヘルプとシンクロしてる」とか考えてるんだろうなとぼくが考えてるんだろうなともみ師さんが考えてるんだろうなとか考えて煉獄の苦しみを味わった。
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/20050302#p2

しかし今日はいつもとちがう。流れてきたのは「愛は勝つ」(KAN)、そして「ガッツだぜ!!」(ウルフルズ)。90年代じゃないか。ついに80年代からの脱皮を果たしたか、90年代ならそれほど赤面しなくても聴けるぞと思っていると、「ff(フォルティシモ)」(ハウンド・ドッグ)が。また逆戻りだよ...(*)

  • (*)そもそもここは音楽を聴かせるお店ではないのであって、べつにいいんだけど。だけど...

下記は関連記事。

◇[泡][音楽] 散髪&80年代式マッサージ
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/20050214#p1

◇[泡][音楽] 80年代式マッサージ(続
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/20050302#p2