読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

『脳がわかれば』刊行記念トークイベント☆青山ブックセンター

イベント 心脳問題 仕事

6月17日(金)の夜、山本貴光くんとトークイベントに出演します。

  • 山本貴光+吉川浩満「『脳がわかれば心がわかるか』(太田出版)刊行記念――「脳と心、科学と哲学」の関わりをめぐる、超入門から最先端の問いまで。山本貴光+吉川浩満 トークイベント」

日時:2016年6月17日(金)19:00~20:30
会場:青山ブックセンター本店内小教室
料金:1,350円(税込)
定員:50名様

イベント詳細、ご予約は下記リンクより。ふるってご参加ください!
http://www.aoyamabc.jp/event/brain-mind/

「脳と心、科学と哲学」の関わりをめぐる、超入門から最先端の問いまで。 山本貴光+吉川浩満 トークイベント

【イベント告知文より】

しばらく前から、脳科学の成果が広く紹介されるようになり、脳の働きに感嘆することが多くなりました。1,000億ともいわれるニューロン(神経細胞)の集まりである脳が、私たちの心理や行動──知覚、判断、感情、意志、欲望、行動、等々──とどのように関わっているか、だんだんわかってきたからです。

そして、感嘆するだけでなく、自分の一部である脳に自分自身が支配されていると感じられ、不安にかられることもあるのではないでしょうか。「無意識」が広く深く私たちの生を左右しているし、「意識」すらも「私」の思うままにならず、ぴったり重ならないようであるからです。

そんなときときです。こんな言葉に出会うのは。

1 脳の働きが○○なの「だから」、あなたの行動や感情や思考は××になる
2 あなたの××という行動や感情や思考は、「じつは」脳の○○という働きにすぎない

こうした言葉がもつマジックのような誘いに、ついうかうかとついて行きそうになります。でも、ここで立ち止まって考えてみなければなりません。

それが『脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座』のテーマです。「脳と心、科学と哲学」の関わりをじっくり考える著作。旧版『心脳問題──「脳の世紀」を生き抜く』から12年を経た増補改訂版です。

今回は、著者のお二人に、脳科学と心脳問題(哲学)の関わりをときほぐし、脳科学の魅力や魔術と冷静につきあうための処方箋を語っていただきます。哲学や脳科学の専門知識は不要、超入門から最先端のテーマ(人工知能、シンギュラリティ等々)までをカバーします。

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 (homo Viator)

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 (homo Viator)