読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

新刊☆『脳がわかれば心がわかるか』

本が出ます! 本日見本出来、来週あたりには本屋さんに並ぶと思います。

  • 山本貴光+吉川浩満『脳がわかれば心がわかるか――脳科学リテラシー養成講座』太田出版、2016/5

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 - 太田出版

2004年に刊行した最初の本『心脳問題――「脳の世紀」を生き抜く』(朝日出版社)の増補改訂版です。

はんらんする脳科学・脳情報に振り回されず、「脳の時代」を生き抜くための処方箋を示した、平易かつ本質的なマップ(『心脳問題』2004年、朝日出版社刊)から12年を隔てた増補改訂版。改訂にあたって改題しました。

【著書から|増補改訂版に寄せて】
「旧版刊行から約10年、じつにたくさんのことがありました。本書のテーマである心脳問題をめぐる状況も大きく動いています。
 たとえば、脳科学における知見の蓄積、神経美学や神経経済学といった新分野の興隆、あるいは脳波によってコンピュータを操作するブレイン゠マシン・インターフェイスのような技術の発展は、旧版で論じた問題をさらに先鋭化させています。これまで技術的な限界もあってウヤムヤのままにしてきた諸問題に、私たちはいよいよ直面しつつあるのです。
 それだけではありません。私たちの無意識のバイアス(認知の偏り)を暴きだす行動経済学の知見や、数度目のブレイクスルーを果たしつつある人工知能研究は、脳科学とは別の角度で、私たちの自己認識と社会のあり方を根底から変えつつあります。いまや心脳問題自体が些細な問題となりつつあるのではないかとすら思えるほどです。
 しかし、それは心脳問題の解決を意味しません。本文で確認するとおり、心脳問題は私たちの心と身体をめぐるもっとも根本的な哲学問題であり、これからも何度でも回帰してくるでしょう。見ぬふりを決め込むのでもなければ、このような厄介な問題に対処する方法は多くありません。ひとついつでも有効な手は、問題そのものの性質や条件を、一度は真正面から考え抜いてみることです。たとえ解決はできなくても、理解することが力になります。諸科学の知識と技術によって人間の定義そのものが揺らぎつつある現在、あらためて何が問題であるかを示す里程標として、この増補改訂版を提示する次第です。」
(「増補改訂版へのまえがき」より)

【目次】
増補改訂版へのまえがき
初版まえがき
第1章 脳情報のトリック──カテゴリー・ミステイクとパラドックス
[間奏]頭がよくなる?
第2章 心脳問題の見取図──ジレンマと四つの立場
[間奏]脳研究小史
第3章 心脳問題の核心──アンチノミーと回帰する疑似問題
[間奏]デカルトの神話
第4章 心脳問題と社会──社会と科学、そして生
終章 持続と生──生成する世界へ
補章 心脳問題のその後
作品ガイド
索引
初版あとがき
増補改訂版へのあとがき

ブックデザインとイラストは旧版と同じく有山達也さんとワタナベケンイチさん。今回のリニューアルのために新しくつくりなおしてくれました。旧版とはまったく異なる雰囲気の本になっています。

ぜひお手にとってみてください。

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座

脳がわかれば心がわかるか