読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

猫町倶楽部読書会@東京ミッドタウン

イベント 理不尽な進化 読書会 仕事

日本最大級の読書会コミュニティ「猫町倶楽部」さんが、拙著『理不尽な進化』を課題図書にとりあげてくださいます。

開催日時は4月18日(土)15時〜、場所は六本木の東京ミッドタウン(!)。私も会場にお邪魔して、講演(のようなもの)をさせていただきます。懇親会にも参加しますよ。

イベント詳細と申し込みはこちら↓↓↓で。
http://www.nekomachi-club.com/schedule/19576

以上のとおり、読書会には初参加の方が毎回1〜2割くらいいらっしゃるとのことです。未経験の方もどしどしご参加ください。読書会なるものに興味はあるけれどもちょっと尻込みしてしまっていたという人でも、このような運営主体のはっきりした大規模な読書会なら参加しやすいのではないでしょうか。

猫町倶楽部とは」より
http://www.nekomachi-club.com/about/


猫町倶楽部』とは、その前身となる読書会が2006年に名古屋でスタートして以来、延べ5000人が参加している日本最大級の読書会コミュニティです。


「毎回、指定される課題図書を読み終えてくること」を参加資格とする読書会で、現在、東京、名古屋、京都で月例の読書会を開催しています。各種メディアで次々に取り上げられた影響もあり、会の発足以来、各地で急速に参加者を増やし続けています(各種メディアへの掲載実績はこちら)。


この読書会がこれだけ支持される理由は、まず毎回選定される課題図書の質の高さ(「この本を読めて良かった!」と思える満足度の高さ、ですね)がひとつ。そしてもうひとつは、比較的読み通すことがハードな課題図書を、「最後まで読み終えてこないと参加できない」というハードルを設けたこと。これらハードルの高さが、毎回意欲の高い参加者のみが集まり互いに中身の濃いアウトプットを交換できる場として、この読書会の価値を高めることになったのでしょう。


人生をより豊かなものに変える「素晴らしい本との出会い」。そして、高い意欲と向上心を共にする「素晴らしい人との出会い」。これら2つの出会いを同時に得られる場として、20代から30代の参加者を中心に、毎回多くの参加者が集まり、熱く、楽しいディスカッションを繰り広げています(読書会の詳細はこちら)。


2010年3月より、会のブランド名を『猫町倶楽部』と改め、もっと楽しく、もっと意義のある学びと成長の場を提供していきます。

猫町倶楽部
http://www.nekomachi-club.com/