読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

心の実験

新刊 心理


小粒だがピリリと辛い本屋さん、文鳥堂書店@四谷で手にとった一冊。

  • ローレン・スレイター『心は実験できるか――20世紀心理学実験物語』岩坂彰訳、紀伊國屋書店、2005

心は実験できるか―20世紀心理学実験物語

心は実験できるか―20世紀心理学実験物語

スキナーのオペラント条件づけから、ミルグラムのいわゆる「アイヒマン実験」、そしてモニスのロボトミーまで。「その実験、取り扱い注意!」(帯文)

1 スキナー箱を開けて――スキナーのオペラント条件づけ実験
2 権威への服従――ミルグラムの電気ショック実験
3 患者のふりして病院へ――ローゼンハンの精神医学診断実験
4 冷淡な傍観者――ダーリーとラタネの緊急事態介入実験
5 理由を求める心――フェスティンガーの認知的不協和実験
6 針金の母親を愛せるか――ハーローのサルの愛情実験
7 ネズミの楽園――アレグザンダーの依存症実験
8 思い出された嘘――ロフタスの偽記憶実験
9 記憶を保持する脳神経――カンデルの神経強化実験
10 脳にメスを入れる――モニスの実験的ロボトミー

紀伊國屋書店出版部刊行物
http://www.kinokuniya.co.jp/02f/d05/2_050000.htm