読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

Hacking Wittgenstein

新刊 哲学 メモ


 ※タイトルはイメージです。

先日も紹介したP・M・S・ハッカー氏だが、比較的最近に刊行されたウィトゲンシュタイン論をさらに3冊ご紹介。

  • P. M. S. Hacker, Wittgenstein's Place in Twentieth-Century Analytic Philosophy, Blackwell Publishers, 1996
Wittgenstein's Place in Twentieth-Century Analytic Philosophy

Wittgenstein's Place in Twentieth-Century Analytic Philosophy


Preface.
Acknowledgements.
List of Abbreviations.
Part I: The Background.
Part II: The Achievement of the Tractatus.
Part III: The Impact of the Tractatus: The Vienna Circle.
Part IV: The Interwar Years: Cambridge and Oxford.
Part V: The Achievement of the Investigations.
Part VI: Wittgenstein's Impact Upon Post-War Analytic Philosophy.
Part VII: Post-Positivism in the USA and Quine's Apostasy.
Part VIII: The Decline of Analytic Philosophy.
Notes.
Index.

タイトルのとおり、その起源(origins)から没落(decline)まで、「20世紀の分析哲学の展開を描きだそうとつとめた」(序文)作品。A5判(近似値)で346頁ほどある。

◇Blackwell Publishers
http://www.blackwellpublishing.com/

   *-*

  • P. M. S. Hacker, Wittgenstein: Connestions and Controversies, Oxford University Press, 2001/2004
Wittgenstein: Connestions and Controversies

Wittgenstein: Connestions and Controversies


1 Wittgenstein - an Overview
2 Wittgenstein and the Autonomy of Humanistic Understanding
3 Developmental Hypotheses and Perspicuous Representations: Wittgenstein on Frazer's Golden Bough Postscript
4 Was he Trying to Whistle it?
5 When the Whistling had to Stop
6 Naming, Thinking, and Meaning in the Tractatus Postscript
7 Frege and the Early Wittgenstein
8 Frege and the Later Wittgenstein
9 P. M. S. Hacker and G. P. Baker: Wittgenstein and the Vienna Circle: The Exaltation and Deposition of Ostensive Definition
10 P. M. S. Hacker and G. P. Baker: On Misunderstanding Wittgenstein: Kripke's Private Language Argument
11 P. M. S. Hacker and G. P. Baker: Malcolm on Language and Rules
12 On Carnap's Elimination of Metaphysics
13 On Strawson's Rehabilitation of Metaphysics
Index

1984年から2001年までに書かれた論考を集めた論文集。有名なクリプキ批判(第10章)や未発表論文(第7章)を含む。個人的には、第12章「カルナップによる形而上学の克服(消去)について」と第13章「ストローソンによる形而上学の復権について」に興味津々。

◇Oxford University Press
http://www.oup.co.uk/

   *-*

  • P. M. S. Hacker, Wittgenstein: on Human Nature, Orion Publishing Group, 1997
Wittgenstein (Great Philosophers)

Wittgenstein (Great Philosophers)


Introduction
Wittgenstein's Conception of Philosophy
Mind, Body and Behaviour: The Power of a Philosophical Illusion
Private Ownership of Experience
Epistemic Privacy
Descriptions and Expressions
The Inner and the Outer: Knowledge of Others
Minds, Bodies, and Behaviour
Can Machines Think?

こちらは、洒脱な装丁のコンパクトな哲学者別入門シリーズ、「The Great Philosophers」のなかの一冊。じつはこのシリーズ、全貌がいまいちよくわからない。まず、実物を見てもラインアップが記されていない。版元についても、上記アマゾンのデータではWeidenfeld & Nicolsonになっているのだが、実物には「Phoenix, a division of the Orion Publishing Group Ltd」と記されている(合併したのだろうか)。また、同時にRoutledgeからも同内容のシリーズが刊行されている模様(装丁は異なる)。

それはともかく、本書である。いわゆる「心の哲学」(Philosophy of Mind)のトピック(他人の心、私的経験、人工知能など)に沿いながら、ウィトゲンシュタインの教説をやさしく解説していく。この内容をたった59頁に収めるのはさすがである。なお、本書でもっとも強調されているのは、ウィトゲンシュタインが人間の心にたいして、記述主義的・認知主義的なアプローチではなく、表現主義的・自然主義的なアプローチをとったという点。これは副題にある「on Human Nature」という言葉が示すとおり。

◇Orion Publishing Group
http://www.orionbooks.co.uk/

◇Routledge
http://www.routledge.com/

◇関連記事:哲劇メモ > [本][哲学] ベイカー&ハッカー(20050410)
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/20050410/p2