読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

ガタリ『アンチ・オイディプス』草稿

哲学 ニュース

フランスでは今月、レオ・シェール出版社のインプリント「リーニュ・エ・マニフェスト」社から、フェリックス・ガタリの『「アンチ・オイディプス」草稿』が刊行された。これは1972年に公刊されたジル・ドゥルーズとの共著『アンチ・オイディプス』(日本語訳は河出書房新社より)の原稿作成途上において、ガタリからドゥルーズに宛てられた草稿やメモをまとめたもの。共著においてどの文章がどちらに帰属するかを一切重視しなかった二人の「共同作業」の裏側を垣間見る、非常に貴重な一冊となろう。序文はステファヌ・ナドー。510頁の大冊だ。アラパージュやアマゾン、フナックなどのオンライン書店で購入できる。ISBN2849380237で検索するか、著者名Guattariで探せば見つかる。なお、批評家のロベール・マジオリが「リベラシオン」紙に寄せた興味深い論評(仏語)が、『ミュルティテュード』誌のウェブサイトでも読める。
http://www.alapage.com/
http://www.amazon.fr/
http://www.fnac.com/
http://multitudes.samizdat.net/article.php3?id_article=1871
via [本]のメルマガ

  • Felix Guattari, Ecrits pour l'Anti-Oedipe, Ligne Et Manifeste, 2005

びっくり。さっそくamazon.frで注文してしまった(ガタリの草稿...フランス語...読めるのか)。→amazon.fr購入頁

昨年末の「今年の3冊」にもちょっと書いたのだけれど、ジル・ドゥルーズのエッセイを読みながらドゥルーズ=ガタリの共同作業について考えていたところだったので、うれしい。早く届かないかなぁ。

狂人の二つの体制 1983-1995

狂人の二つの体制 1983-1995

  • 33 宇野への手紙――いかに複数で書いたか(フェリックス・ガタリとともに)
  • 60 われわれはいっしょにリトルネロを発案した(フェリックス・ガタリとともに)
  • 61 フェリックスのために