哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

入不二基義相対主義の極北』春秋社 →amazon.co.jp
・序章「「地平線と国境線」と「足の裏の影」」
・第1章「相対主義という考え方」
・第2章「プロタゴラスの人間尺度説」