哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

宿題☆福岡Rethink Books

福岡・天神の本屋さんRethink Booksが毎日開催している企画「今日の宿題」にて、僭越ながら小生も宿題なるものを出題させていただきました。ぜひお店にいらしてください。私はおりませんが、たくさんの本が待ってます。 クリスマスまであと2日、オープンし…

「哲学の門前」第2回/2016年を振り返る

雑誌『scripta』連載「哲学の門前」第2回。 吉川浩満「哲学の門前2 門と門番」、『scripta』2017年冬号、紀伊國屋書店、2017/1 クリスマスの4日ぐらい前、納品されるとの由。 全国の紀伊國屋書店、および大型書店で探してみてください。無料。 2016年を振り…

文庫版解説☆ドーキンス『進化とは何か——ドーキンス博士の特別講義』

恐れ多いことに、というか恐れを知らぬことに、ドーキンスのクリスマス講義の文庫版解説を書きました。12/20発売。今年のクリスマスプレゼントはこれで決まり。 吉川浩満「文庫版解説|リチャード・ドーキンス『進化とは何か——ドーキンス博士の特別講義』吉…

猫町倶楽部クリスマス読書会&パーティー2016

12月18日は猫町倶楽部のクリスマス読書会&パーティーです。 ふるってご参加ください。私もパーティーでDJします。 【東京】猫町倶楽部クリスマス読書会&パーティー2016【全分科会合同】 http://www.nekomachi-club.com/schedule/40117www.nekomachi-club.c…

人文的、あまりに人文的08☆ゲンロンβ9

『ゲンロンβ』連載中の対談書評、第8回(c/w 山本貴光 id:yakumoizuru )。 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #8」(書評)、『ゲンロンβ9』ゲンロン、2016/12 genron-tomonokai.com 今回のテーマは幸福論、主役は次の本たち。ぜひご覧ください。…

「人文的、あまりに人文的」な、2016年人文書めった斬り!☆ゲンロンカフェ(+追記)

東浩紀さん率いるゲンロンカフェのトークイベントに登壇します。 斎藤哲也×山本貴光×吉川浩満「「人文的、あまりに人文的」な、2016年人文書めった斬り!」、ゲンロンカフェ、2016/12/7 「人文的、あまりに人文的」な、2016年人文書めった斬り! 【イベント…

読んでいない本について堂々と語る書評連載12回目☆KOKKO

雑誌『KOKKO』での連載書評、ついに第12回目です。 私も例の本を書評してみました。よかったらご笑覧ください。 吉川浩満「書評 第12回|ピエール・バイヤール『読んでいない本について堂々と語る方法』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第16号、堀…

Wikipediaという思想☆三田評論

明治31年から続く慶應義塾の機関誌『三田評論』に寄稿しました。 吉川浩満「ウィキペディアという思想」、『三田評論』2016年12月号、慶應義塾大学出版会 慶應義塾機関誌|三田評論 「Wikipediaの15年」という小特集の記事。慶應義塾大学出版会

DJセットリスト☆猫町ナイト

@under lounge 名古屋

書評『世界の終わりの七日間』☆草獅子

本屋発の文芸誌『草獅子』創刊号に書評を寄稿しました。栄えある創刊号に声をかけていただいて光栄のいたりです。 吉川浩満「書評|ベン・H・ウィンタース『世界の終わりの七日間』」、『草獅子』Vol. 1、双子のライオン堂、2016/11 本屋発の文芸誌『草獅子…

アラサー・アラフォーのための人生100年時代の生き方☆猫町倶楽部

来たる11月23日、エッセイスト紫原明子さんの読書会イベントに脇役としてお邪魔します。任務はトークタイムでの紫原さんの話し相手。また名古屋に行けてうれしいです。 【恋愛・結婚・仕事・家族】アラサー・アラフォーのための人生100年時代の生き方【ゲス…

人文的、あまりに人文的07☆ゲンロンβ8

『ゲンロンβ』連載中の対談書評、第7回(c/w 山本貴光 id:yakumoizuru )。 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #7」(書評)、『ゲンロンβ8』ゲンロン、2016/11 ch.nicovideo.jp 今回とりあげたのは次の本たち。ぜひご覧ください。人生談義〈上〉 …

書評『情報社会の〈哲学〉』☆週刊読書人

「哲学からサブカルまで」が合言葉、読書人のための書評紙『週刊読書人』に書評を寄稿しました。 吉川浩満「書評|大黒岳彦『情報社会の〈哲学〉――グーグル・ビッグデータ・人工知能』勁草書房」、『週刊読書人』2016年11月11日号 www.dokushojin.co.jp ルー…

ブックトーク☆KOKKO展!|双子のライオン堂

毎月書評を掲載してくれている雑誌『KOKKO』発行1周年を記念するイベント「KOKKO展!」が赤坂の個性派書店・双子のライオン堂で開催されます。それでイベント期間中の11月4日、トークイベントに出演することになりました。 吉川浩満「ブックトーク:読書は理…

書評連載011☆KOKKO

雑誌『KOKKO』での連載書評、早いもので11回目です。 今回は子供から大人まで楽しめる絵本。 吉川浩満「書評 第11回|今泉忠明監修『おもしろい! 進化のふしぎ――ざんねんないきもの事典』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第15号、堀之内出版、201…

ギャラリートーク☆デザインと生物の進化論

現在開催中の「ノザイナー」展覧会のギャラリートークにお邪魔します。 お相手はノザイナー創業者の太刀川瑛弼さんと編集者/キュレーターの塚田有那さん。 タイトル:「デザインと生物の進化論」 出演:太刀川瑛弼+吉川浩満+塚田有那(モデレーター) 日…

シン・ゴジラ論☆河出論集

河出書房新社から出る『シン・ゴジラ』関連論集に寄稿しました。 吉川浩満「魅惑のゴジラ・ファッシ――『シン・ゴジラ』試論」、河出書房新社編集部編『「シン・ゴジラ」をどう観るか』河出書房新社、2016/10 「シン・ゴジラ」をどう観るか作者: 河出書房新社…

人文的、あまりに人文的06☆ゲンロンβ7

『ゲンロンβ』連載中の対談書評、第6回(c/w 山本貴光 id:yakumoizuru )。 山本貴光、吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #6」(書評)、『ゲンロンβ7』ゲンロン、2016/10 ch.nicovideo.jp 今回とりあげたのは次の本たち。ぜひご覧ください。パンセ(上) (…

生き延びるための人文3☆考える人

雑誌『考える人』での山本貴光くん id:yakumoizuru との対談シリーズも最終回。 山本貴光、吉川浩満「生き延びるための人文3 モードチェンジは「驚き」から始まる」、『考える人』2016年秋号、新潮社、2016/10 考える人 2016年 11 月号出版社/メーカー: 新潮…

書評連載010☆KOKKO

雑誌『KOKKO』での連載書評、早いもので10回目です。 今回は2016年度日本社会心理学会出版賞を受賞した高史明さんの名著。 吉川浩満「書評 第10回|高史明『レイシズムを解剖する――在日コリアンへの偏見とインターネット』」、日本国家公務員労働組合連合会…

honto☆ブックツリー

ハイブリッド型総合書店hontoの「ブックツリー」というコーナーにて本を5冊ほど紹介しています。 honto > ブックツリー > 吉川浩満「生き物に歴史あり。波乱の40億年の歴史を追う!」 honto.jp ブックツリーとは、こういうもののようです。 本の専門家が独自…

新連載「哲学の門前」☆『scripta』

雑誌『scripta』にて、新連載「哲学の門前」がスタートしました。 吉川浩満「哲学の門前1 Call me Ishmael.」、『scripta』2016年秋号、紀伊國屋書店、2016/10 www.kinokuniya.co.jp 同誌は昨年創設60周年を迎えた伝統ある紀伊國屋書店出版部のPR誌。 全国の…

対談、表紙、グラビア(怖)☆早稲田文学

日本でもっとも歴史の長い文芸雑誌『早稲田文学』。そのワセブン/WBに、劇作家・演出家の藤田貴大さんとの対談が掲載されました。 藤田貴大×吉川浩満「理不尽な「いま」をどう描くか」、『早稲田文学』2016年秋号、筑摩書房 早稲田文学 2016年秋号 (単行本)…

書評連載009☆KOKKO

雑誌『KOKKO』での連載書評、第9回目はこの本。名著です。 吉川浩満「書評 第9回|アトゥール・ガワンデ『死すべき定め――死にゆく人に何ができるか』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第13号、堀之内出版、2016/9 KOKKO 第13号 | 日本国家公務員労…

人文的、あまりに人文的05☆ゲンロンβ6

メールマガジン『ゲンロンβ』で連載中の対談書評(c/w 山本貴光 id:yakumoizuru )。 もう5回目です。時の流れが早い。 山本貴光+吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #5」(書評)、『ゲンロンβ6』ゲンロン、2016/9 ゲンロンβチャンネル(株式会社ゲンロン) -…

韓国語版☆『理不尽な進化』

拙著『理不尽な進化――遺伝子と運のあいだ』の韓国語訳が刊行されました! 요시카와 히로미쓰, 《어이없는 진화 유전자와 운 사이》, 양지연 옮김, 목수책방, 2016 www.aladin.co.kr 瀟洒な装丁です。ちょっとSFっぽいのがおもしろい。私はポケミス版『地上最…

インタビュー on 『脳がわかれば心がわかるか』@ビジネス+IT

ソフトバンクグループのSBクリエイトが運営するビジネス系サイト「ビジネス+IT」にて、『脳がわかれば心がわかるか』についてのインタビュー記事が掲載されました。 山本貴光、吉川浩満「「脳」をめぐるリテラシーは何に役立つのか? 山本貴光氏・吉川浩満…

人文的、あまりに人文的04☆ゲンロンβ5

メールマガジン『ゲンロンβ』で連載中の対談書評(c/w 山本貴光 id:yakumoizuru )。 山本貴光+吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #4」(書評)、『ゲンロンβ4』ゲンロン、2016/8 【編集長:東浩紀】ゲンロンβ5【哲学は観客をつくる】第4回目でとりあげたの…

書評連載第8回☆『KOKKO』

雑誌『KOKKO』での連載書評、第8回目はこの本。 吉川浩満「書評 第8回|吉良智子『女性画家たちの戦争』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第12号、堀之内出版、2016/8 KOKKO 第12号 | 日本国家公務員労働組合連合会(著/文 他) - 堀之内出版 特集は…

大澤真幸さん連続講義☆青山ブックセンター

『脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座』(太田出版)刊行記念イベントのお知らせ。社会学者の大澤真幸さんを招いてお話を伺います。計3回、存分に語っていただく予定。 大澤真幸+山本貴光+吉川浩満「連続講義 心脳問題から自由意志、脳の…

人文的、あまりに人文的03☆ゲンロンβ4

メールマガジン『ゲンロンβ』で連載中の対談書評(c/w 山本貴光 id:yakumoizuru )。 山本貴光+吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #3」(書評)、『ゲンロンβ4』ゲンロン、2016/7 ch.nicovideo.jp第3回目では、拙著『脳がわかれば心がわかるか』刊行に合わ…

書評連載第7回☆『KOKKO』

雑誌『KOKKO』での連載書評、第7回目は道徳心理学・道徳哲学の名著を紹介します。 吉川浩満「書評 第7回|ジョシュア・グリーン『モラル・トライブズ──共存の道徳哲学へ』(上・下)」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第11号、堀之内出版、2016/7 KO…

大澤真幸さん連続講義☆青山ブックセンター

今月も青山ブックセンターでイベントがあります。大澤真幸さんをお招きし、「心脳問題から自由意志、脳の社会性へ、人工知能の可能性とは何を意味するか」についてレクチャーをしていただきます。全3回、存分に語っていただく予定。 大澤真幸+山本貴光+吉…

生き延びるための人文2☆考える人

雑誌『考える人』に連載中の対談シリーズ第2回目(全3回)。今号の特集は谷川俊太郎に夏目漱石と、なかなかお買い得かと思います。 山本貴光×吉川浩満「生き延びるための人文2――人文の「理想」と「現実」」、『考える人』新潮社、2016年夏号 考える人 2016年…

『脳がわかれば』刊行記念トークイベント☆青山ブックセンター

6月17日(金)の夜、山本貴光くんとトークイベントに出演します。 山本貴光+吉川浩満「『脳がわかれば心がわかるか』(太田出版)刊行記念――「脳と心、科学と哲学」の関わりをめぐる、超入門から最先端の問いまで。山本貴光+吉川浩満 トークイベント」 日…

私が生きづらいのは進化論のせいだと思うんですけど、と山本さんは言った。(再)

昨年12月の『αシノドス』に掲載された文章がシノドスのサイトに転載されました。どなたでもご覧になれます。 生きづらいのは進化論のせいですか?――『理不尽な進化 遺伝子と運のあいだ』著者、吉川浩満氏インタビュー 生きづらいのは進化論のせいですか?シ…

an・an☆人生を変える本。

雑誌『an・an』で拙著『理不尽な進化』が紹介されました。雑誌『anan』特集「人生を変える本。」に拙著『理不尽な進化』が登場。ご紹介くださったのは藤田貴大さん。ありがとうございます!https://t.co/tPVgxVTcCJ pic.twitter.com/SbJNZEMvHP— 吉川浩満 (@…

初登場☆雑誌『アイデア』

本年3月に横浜で開催されたトークイベント「クリティカル・デザイン・スクール」の記録です。 吉川浩満「クリティカル・デザイン・スクール[グラフィック篇]第2回 デザインについて語るとき我々が 語ること」、『アイデア』誠文堂新光社、2016/7 アイデア …

書評連載第6回☆『KOKKO』

雑誌『KOKKO』での連載書評、第6回目はシンギュラリティ(技術的特異点)についての本。雑誌の発売は6月10日の予定。 吉川浩満「書評 第6回|マレー・シャナハン『シンギュラリティ――人工知能から超知能へ』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第10号…

新刊☆『脳がわかれば心がわかるか』

本が出ます! 本日見本出来、来週あたりには本屋さんに並ぶと思います。 山本貴光+吉川浩満『脳がわかれば心がわかるか――脳科学リテラシー養成講座』太田出版、2016/5 脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 - 太田出版2004年に刊行した最初…

DJセットリスト☆猫町ナイト20160514

20160514@渋谷FLAME TOKYO My Philosophy (Intro) - Boogie Down Productions War - Edwin Starr ふざけるんじゃねえよ - 頭脳警察 Walk Like an Egyptian - The Bangles traveling - 宇多田ヒカル When Doves Cry - Prince 愛はおしゃれじゃない - 岡村靖…

『錯乱の日本文学』鼎談☆早稲田文学

石川義正『錯乱の日本文学──建築/小説をめざして』(航思社)の刊行を記念した『早稲田文学』の企画にお邪魔しました。著者の石川義正さん、建築家の日埜直彦さんとの鼎談です。 石川義正×日埜直彦×吉川浩満「小説と建築の間に」、『早稲田文学』2016年夏号…

またまたDJ☆猫町ナイト渋谷

よろしく。 【東京】猫町倶楽部のクラブイベント“猫町ナイト”http://www.nekomachi-club.com/schedule/31008 www.nekomachi-club.com ■日時:2016年5月14日(土)19:15 OPEN 19:30~23:00 ■場所:FLAME TOKYO 東京都渋谷区円山町2-4 ジーカンスビル1F 【地…

試験に出る哲劇(再)

作品メモランダム「試験に出る哲劇」2015-04-18 d.hatena.ne.jp山本貴光くんの『文体の科学』が、今年の上智大学の入学試験に出題されたそうです(上記は昨年のエントリーです)。拙著『理不尽な進化──遺伝子と運のあいだ』も、今年は近畿大学、亜細亜大学、…

人類の起源と進化☆『現代思想』

雑誌『現代思想』に随筆を寄稿しました。2016年5月号。 吉川浩満「人類の起源という考えそのものについて」、『現代思想 特集*人類の起源と進化‐プレ・ヒューマンへの想像力』青土社、2016/5 現代思想 2016年5月号 特集=人類の起源と進化 -プレ・ヒューマン…

書評連載第5回☆『KOKKO』

雑誌『KOKKO』での連載書評、第5回目はジョセフ・ヒース。雑誌の発売は5月10日の予定。 吉川浩満「書評 第5回|ジョセフ・ヒース『啓蒙思想2.0――政治・経済・生活を正気に戻すために』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第9号、堀之内出版、2016/5 K…

初登場☆アエラ+追記

雑誌『アエラ』に登場しました。4月11日号。 山本貴光、吉川浩満「ヨーロッパに始まる哲学の2500年 主要モンダイマップ」ほか、『アエラ [大特集]名経営者 仕事の哲学』朝日新聞出版、2016年4月11日号 AERA 2016年4月11日号今号は「名経営者 仕事の哲学」…

書店向けポスター☆『考える人』

池澤夏樹さん(「科学する心」)

雑誌『考える人』で池澤夏樹さんが連載中のエッセイ「科学する心」に、拙著『理不尽な進化』が紹介されました。 池澤夏樹「考える心 第四回 進化と絶滅と愛惜」、『考える人』新潮社、2016年春号 だから絶滅のことを正面から考えなければならない。これにつ…

生き延びるための人文☆『考える人』

雑誌『考える人』に、山本貴光くんとの対談が掲載されました。 山本貴光+吉川浩満「生き延びるための人文1──「知のサヴァイヴァル・キット」を更新せよ!」、『考える人』2016年春号、新潮社 考える人 2016年 05 月号出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/0…