読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

大澤真幸さん連続講義☆青山ブックセンター

イベント 心脳問題

『脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座』(太田出版)刊行記念イベントのお知らせ。

社会学者の大澤真幸さんを招いてお話を伺います。計3回、存分に語っていただく予定。

  • 大澤真幸+山本貴光+吉川浩満「連続講義 心脳問題から自由意志、脳の社会性へ、人工知能の可能性とは何を意味するか」(全3回)――『脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座』(太田出版)刊行記念
    http://www.aoyamabc.jp/event/brain-mind-lecture/

【第1回】
心脳問題を、思弁的実在論の問いと結びつけて考えることで、以前大澤が論じた「脳の社会性」をさらに追究する。哲学的な議論になるが、できれば、哲学に興味のある人にとってだけではなく、脳科学や人工知能の研究者にとっても意味ある問題提起をしたい。
日時:2016年7月10日(日)
14:00~16:00(開場 13:30)
料金:1,350円(税込)

【第2回】
脳と自己意識や自我という問題について考えてみたい。一部で論じられている「神経倫理学」にも触れながら、それがどこまでほんとうの倫理学の問題への答えになっているかも考察してみたい。
日時:2016年8月10日(水)
19:00~21:00(開場 18:30)
料金:1,350円(税込)

【第3回】
いわゆる「シンギュラリティ」の問題を視野に入れ、社会学的・政治学的な問題を考える。脳科学や人工知能の展開の社会的意味を捉えるもの。山本・吉川『脳がわかれば心がわかるか』第4章の主題を引き継ぎ、鈴木健氏の「なめらかな社会」にも触れる予定。
日時:2016年9月18日(日)
14:00~16:00(開場 13:30)
料金:1,350円(税込)

それぞれ独立でも聴いていただけるし、3回を関係づければ理解がより深まる、となるようつとめたい。(大澤真幸 / 文責太田出版編集部)

内容的にもコスパ的にも破格の連続講義になることは間違いありません。ぜひお越しください。

心脳問題から自由意志、脳の社会性へ、人工知能の可能性とは何を意味するか大澤真幸+山本貴光+吉川浩満 連続講義(全3回)

<自由>の条件

<自由>の条件

生きるための自由論 (河出ブックス)

生きるための自由論 (河出ブックス)

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 (homo Viator)

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 (homo Viator)

人文的、あまりに人文的03☆ゲンロンβ4

ゲンロンβ 書評 雑誌

メールマガジン『ゲンロンβ』で連載中の対談書評(c/w 山本貴光 id:yakumoizuru )。

  • 山本貴光+吉川浩満「人文的、あまりに人文的 #3」(書評)、『ゲンロンβ4』ゲンロン、2016/7

ch.nicovideo.jp

第3回目では、拙著『脳がわかれば心がわかるか』刊行に合わせて、リベット『マインド・タイム』とデネット『自由は進化する』をとりあげました。ぜひご覧ください。

マインド・タイム 脳と意識の時間

マインド・タイム 脳と意識の時間

自由は進化する

自由は進化する

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 (homo Viator)

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 (homo Viator)

ゲンロンβ - ゲンロン友の会

書評連載第7回☆『KOKKO』

仕事 書評 雑誌 KOKKO

雑誌『KOKKO』での連載書評、第7回目は道徳心理学・道徳哲学の名著を紹介します。

  • 吉川浩満「書評 第7回|ジョシュア・グリーン『モラル・トライブズ──共存の道徳哲学へ』(上・下)」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第11号、堀之内出版、2016/7

KOKKO 第11号 | 日本国家公務員労働組合連合会(著/文 他) - 堀之内出版

これまでの歩み。

  1. カフカ『ポケットマスターピース01 カフカ』
  2. アンソニー・B・アトキンソン『21世紀の不平等』
  3. スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ『チェルノブイリの祈り──未来の物語』
  4. 浅野智彦『「若者」とは誰か――アイデンティティの30年 増補新版』
  5. ジョセフ・ヒース『啓蒙思想2.0――政治・経済・生活を正気に戻すために』
  6. マレー・シャナハン『シンギュラリティ――人工知能から超知能へ』

モラル・トライブズ――共存の道徳哲学へ(上)

モラル・トライブズ――共存の道徳哲学へ(上)

モラル・トライブズ――共存の道徳哲学へ(下)

モラル・トライブズ――共存の道徳哲学へ(下)

KOKKO 第11号

KOKKO 第11号

horinouchi

大澤真幸さん連続講義☆青山ブックセンター

イベント 心脳問題 仕事

今月も青山ブックセンターでイベントがあります。

大澤真幸さんをお招きし、「心脳問題から自由意志、脳の社会性へ、人工知能の可能性とは何を意味するか」についてレクチャーをしていただきます。全3回、存分に語っていただく予定。

  • 大澤真幸+山本貴光+吉川浩満「連続講義 心脳問題から自由意志、脳の社会性へ、人工知能の可能性とは何を意味するか」(全3回)――『脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座』(太田出版)刊行記念
    http://www.aoyamabc.jp/event/brain-mind-lecture/

【第1回】
心脳問題を、思弁的実在論の問いと結びつけて考えることで、以前大澤が論じた「脳の社会性」をさらに追究する。哲学的な議論になるが、できれば、哲学に興味のある人にとってだけではなく、脳科学や人工知能の研究者にとっても意味ある問題提起をしたい。
日時:2016年7月10日(日)
14:00~16:00(開場 13:30)
料金:1,350円(税込)

【第2回】
脳と自己意識や自我という問題について考えてみたい。一部で論じられている「神経倫理学」にも触れながら、それがどこまでほんとうの倫理学の問題への答えになっているかも考察してみたい。
日時:2016年8月10日(水)
19:00~21:00(開場 18:30)
料金:1,350円(税込)

【第3回】
いわゆる「シンギュラリティ」の問題を視野に入れ、社会学的・政治学的な問題を考える。脳科学や人工知能の展開の社会的意味を捉えるもの。山本・吉川『脳がわかれば心がわかるか』第4章の主題を引き継ぎ、鈴木健氏の「なめらかな社会」にも触れる予定。
日時:2016年9月18日(日)
14:00~16:00(開場 13:30)
料金:1,350円(税込)

それぞれ独立でも聴いていただけるし、3回を関係づければ理解がより深まる、となるようつとめたい。(大澤真幸 / 文責太田出版編集部)

内容的にもコスパ的にも破格の連続講義になることは間違いありません。ぜひお越しください。

心脳問題から自由意志、脳の社会性へ、人工知能の可能性とは何を意味するか大澤真幸+山本貴光+吉川浩満 連続講義(全3回)

<自由>の条件

<自由>の条件

生きるための自由論 (河出ブックス)

生きるための自由論 (河出ブックス)

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 (homo Viator)

脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座 (homo Viator)

生き延びるための人文2☆考える人

仕事 雑誌

雑誌『考える人』に連載中の対談シリーズ第2回目(全3回)。今号の特集は谷川俊太郎に夏目漱石と、なかなかお買い得かと思います。

  • 山本貴光×吉川浩満「生き延びるための人文2――人文の「理想」と「現実」」、『考える人』新潮社、2016年夏号

考える人 2016年 08 月号

考える人 2016年 08 月号

それにしても、このポーズはなんだろう。撮影時のことはなにも覚えていない。私がわるいのだろうか。

f:id:clinamen:20160702150314j:plain:w300 f:id:clinamen:20160702150439j:plain:w300

写真を見てデッドプールを思い出した。

f:id:clinamen:20160702143512j:plain:w300

2016年夏号 谷川俊太郎 | 雑誌「考える人」バックナンバー | Webでも考える人 | 新潮社