読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

「人文的、あまりに人文的」な、2016年人文書めった斬り!☆ゲンロンカフェ

ゲンロンβ ゲンロンカフェ 書評

東浩紀さん率いるゲンロンカフェのトークイベントに登壇します。

  • 斎藤哲也×山本貴光×吉川浩満「「人文的、あまりに人文的」な、2016年人文書めった斬り!」、ゲンロンカフェ、2016/12/7

「人文的、あまりに人文的」な、2016年人文書めった斬り!
【イベント概要】
月間電子雑誌『ゲンロンβ』で「人文的、あまりに人文的」と題し、毎月2冊の人文書を徹底解剖する対談連載している山本貴光さんと吉川浩満さん。
いっけん難解そうであったり、ニッチであったりする書籍も、2人の手にかかると魔法のようにその意義が読み解かれ、読者に対して開かれていきます。
この魔法の読書対談をゲンロンカフェで、生で味わいたい! 山本吉川コンビに編集者の斎藤哲也さんを交えて、博覧強記の3人が2016年の人文書をめった斬りにします!

【日時と会場】
2016/12/7(水)19:00~21:00@ゲンロンカフェ/東京・五反田

昨年に行った「紀伊國屋じんぶん大賞プレイベント」と同じメンバーで、2016年に出た人文書についてあることないことお話しします。これからも毎年やりたいなあ。

ぜひ遊びにきてください。

トークイベントの模様はニコニコ生放送でも視聴可能です。
live.nicovideo.jp

読んでいない本について堂々と語る書評連載12回目☆KOKKO

KOKKO 書評

雑誌『KOKKO』での連載書評、ついに第12回目です。
私も例の本を書評してみました。よかったらご笑覧ください。

  • 吉川浩満「書評 第12回|ピエール・バイヤール『読んでいない本について堂々と語る方法』」、日本国家公務員労働組合連合会『KOKKO』第16号、堀之内出版、2016/12

KOKKO 第16号

KOKKO 第16号

  • 作者: 日本国家公務員労働組合連合会,鎌田一,伍賀一道,秋山正臣,霞が関国家公務員労働組合共闘会議,AEQUITAS,熊沢誠,吉川浩満
  • 出版社/メーカー: 堀之内出版
  • 発売日: 2016/12/05
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

これまでの歩み。

  1. カフカ『ポケットマスターピース01 カフカ』
  2. アンソニー・B・アトキンソン『21世紀の不平等』
  3. スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ『チェルノブイリの祈り──未来の物語』
  4. 浅野智彦『「若者」とは誰か――アイデンティティの30年 増補新版』
  5. ジョセフ・ヒース『啓蒙思想2.0――政治・経済・生活を正気に戻すために』
  6. マレー・シャナハン『シンギュラリティ――人工知能から超知能へ』
  7. ジョシュア・グリーン『モラル・トライブズ──共存の道徳哲学へ』(上・下)
  8. 吉良智子『女性画家たちの戦争』
  9. アトゥール・ガワンデ『死すべき定め――死にゆく人に何ができるか』
  10. 高史明『レイシズムを解剖する――在日コリアンへの偏見とインターネット』
  11. 今泉忠明監修『おもしろい! 進化のふしぎ――ざんねんないきもの事典』

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

horinouchi

Wikipediaという思想☆三田評論

三田評論

明治31年から続く慶應義塾の機関誌『三田評論』に寄稿しました。

  • 吉川浩満「ウィキペディアという思想」、『三田評論』2016年12月号、慶應義塾大学出版会

慶應義塾機関誌|三田評論

「Wikipediaの15年」という小特集の記事。

慶應義塾大学出版会

書評『世界の終わりの七日間』☆草獅子

書評 草獅子

本屋発の文芸誌『草獅子』創刊号に書評を寄稿しました。栄えある創刊号に声をかけていただいて光栄のいたりです。

  • 吉川浩満「書評|ベン・H・ウィンタース『世界の終わりの七日間』」、『草獅子』Vol. 1、双子のライオン堂、2016/11

本屋発の文芸誌『草獅子』/公式サイト - soushishi

表紙は大活躍のイラストレーター、美術作家の大槻香奈さん。
||Kana Ohtsuki Official Web||

書評で紹介したウィンターの三部作、おもしろいからぜひ読んでください。

地上最後の刑事 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

地上最後の刑事 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

カウントダウン・シティ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

カウントダウン・シティ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

世界の終わりの七日間 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

世界の終わりの七日間 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

三部作にはそれぞれボブ・ディランの以下のアルバムが登場します。

ストリート・リーガル

ストリート・リーガル

プラネット・ウェイヴス

プラネット・ウェイヴス

欲望

欲望

双子のライオン堂