読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

新連載「哲学の門前」☆『scripta』

雑誌『scripta』にて、新連載「哲学の門前」がスタートしました。

  • 吉川浩満「哲学の門前1 Call me Ishmael.」、『scripta』2016年秋号、紀伊國屋書店、2016/10

www.kinokuniya.co.jp

f:id:clinamen:20160921233101j:plain:w300f:id:clinamen:20160921233118j:plain:w300

同誌は昨年創設60周年を迎えた伝統ある紀伊國屋書店出版部のPR誌。
全国の紀伊國屋書店で入手できます(無料)。

この『scripta』、普通の書店に並んでいるわけではないので、手にとったこともないという人がいるかもしれませんが、なかなかどうして、豪華執筆陣による楽しい読み物が満載です。今号は斎藤美奈子、木皿泉、大村彦次郎、坪内祐三、都築響一、安田登、荻原魚雷、辻山良雄、仲野徹、坂上香が登場(登場順/敬称略)。また、上野千鶴子『女ぎらい――ニッポンのミソジニー』(紀伊國屋書店)、速水健朗『東京β――更新され続ける都市の物語』(筑摩書房)といった名著も同誌での連載がもとになっています。

新連載の内容ですが、哲学の園へと人を誘う入門書ではたぶんありません。なんというか、哲学の落穂拾いというか……すみません、書きながら考えます。言うだけならタダなので言っておくと、かねてより敬愛するジャン・アメリーの「ロマン・エッセー」のようなものを目指しています。とはいえ、資質・能力・締切等々の制約により、似ても似つかないものになるでしょう。

ご笑覧ください。無料です(再

下記、紀伊國屋書店ウェブストアにて電子書籍版もダウンロードできます。各種端末に対応したKinoppyアプリにて閲覧可能(Android OS/iPhone/iPad/iPod Touch/Windows/Mac対応)。
scripta autumn 2016

紀伊國屋書店の電子書籍アプリKinoppy|iPhone,iPod touch,iPad,Android,Windows,Mac,ソニーリーダー™で読める!

女ぎらい――ニッポンのミソジニー

女ぎらい――ニッポンのミソジニー

東京β: 更新され続ける都市の物語 (単行本)

東京β: 更新され続ける都市の物語 (単行本)

罪と罰の彼岸【新版】――打ち負かされた者の克服の試み

罪と罰の彼岸【新版】――打ち負かされた者の克服の試み