読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

池谷裕二さん(読売新聞)

理不尽な進化 反響
  • 池谷裕二・評「本よみうり堂 ビタミンBOOK」、『読売新聞』2015年1月18日

脳研究者の池谷裕二さんが、本日付の読売新聞にて拙著『理不尽な進化』をとりあげてくださいました。ありがとうございます!

この本は昨年の私的ベスト5に入る良書です。科学書ではなく、「進化論」という老樹を権に冠り、思索に遊ぶ粋な哲学書です。


端的に言い切って余すところのない評言に感謝です。私からはなにも申し上げることはありません。

いまさら紹介の必要はないかもしれませんが、池谷氏は第一線で活躍する現役研究者(神経科学、薬理学)であるだけでなく、一般向けの啓蒙書でもベストセラーをも連発する、数少ない貴重な書き手です。思わず、「日本では数少ない〜」などという常套句を使いたくなるところですが、じつはそんな人物は世界的にみても稀です(たくさんいるわけがない)。『理不尽な進化』でも、認知バイアスに触れた箇所で、氏の『自分では気づかない、ココロの盲点』(朝日出版社)をとりあげさせていただきました。

朝日新聞、読売新聞、毎日新聞日経新聞でご紹介いただいた拙著は、おかげさまで三大紙+日経のグランドスラム達成となりました。もし産経新聞さんがとりあげてくれれば、全国紙制覇ということになります。お待ちしております。

自分では気づかない、ココロの盲点

自分では気づかない、ココロの盲点

理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ

理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ