読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

長野敬さん(東京新聞)

理不尽な進化 反響


同じく12月28日付の東京新聞「2014私の3冊」にて、生物学者の長野敬さんが『理不尽な進化──遺伝子と運のあいだ』を挙げてくださいました。ありがとうございます。

長野氏には、とくにその厖大な訳書群によって、個人的に多大な学恩をこうむっています。フォン・ベルタランフィ『一般システム理論』、アーサー・ケストラー『機械の中の幽霊』、エヴリン・フォックス・ケラー『遺伝子の新世紀』等々。それに東京大学出版会の『講座 進化』(全7巻)を忘れることはできません。

一般システム理論――その基礎・発展・応用

一般システム理論――その基礎・発展・応用