読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

心脳問題ブックフェア


ブログの更新も思わず滞るサバス・スラッシュ・サバス(*1)な今日この頃でありますが、久しぶりに明るいニュースです。

2006年4月6日(木)より、三省堂書店神田本店5階にて「心脳問題ブックフェア」が開催されています。

ブックフェア用パネル「デカルトくんとサールくん」

このブックフェアは、ジョン・R・サール『MiND(マインド)――心の哲学』(山本貴光+吉川浩満訳、朝日出版社、2006)の刊行を契機に、三省堂書店朝日出版社のご協力を得て実現したものです。

心脳問題ブックフェア@三省堂書店神田本店5階これ僕輩駑材謭劣(*2)なるも、書店さまのご協力を得て、脳科学、医学、哲学、工学、創作の各分野から関連する作品を50冊ほどセレクトさせていただいた次第。

  • (*2)駑材謭劣=才能がなく、あさはかなさま。

会場は人文書の4階ではなく理工科学書の5階です(お間違えなきよう)。このブックフェアについては、メールマガジン『[本]のメルマガ』にも少し詳しくご紹介いたしましたので、そちらもご覧いただけたらさいわいです。

『哲劇珍報』創刊号さらに、この機会に拙陋(*3)を省みず、奇々怪々の一案を呈して、朝日出版社第二編集部のご協力のもとに『哲劇珍報』なるフリーペーパーをも創刊いたしました。創刊号「特集*心の哲学作品案内」(A4八つ折、総天然色、マンガつき)を同ブックフェアで配布しています。まさにタダとしか思えない仕上がりになっておりますので、ぜひご覧ください。お財布やポッケにもヒョイと入るくらいの、満員電車のなかで読んでも安心な大きさ(小ささ)ですので、どうか恥ずかしがらずにお持ち帰りいただけたらと思います。

  • (*3)拙陋=まずく見苦しいさま。

なお、同フリーペーパーは三省堂書店神田本店のみでの配布となります。数に限りがございますので、万が一品切れの際はご容赦くださいませ。遠方にお住まいで同ブックフェアや同誌にご興味をお持ちの方は、飛行機や新幹線や客船にて三省堂書店神田本店5階に直接お越しいただくか、あるいは当方にご一報ください。

三省堂書店神田本店5階
http://sanseido-honten5.hontsuna.net/

朝日出版社
http://www.asahipress.com/

◇哲学の劇場 > ニュース > 心脳問題ブックフェア@三省堂書店神田本店5階
http://www.logico-philosophicus.net/news/index.htm

【関連記事】
◇哲劇メモ > [仕事] - 書き物などの刊行、発表、進捗の情報
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/searchdiary?word=%2a%5b%bb%c5%bb%f6%5d

マインド―心の哲学

マインド―心の哲学