読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

ピルはなぜ歓迎されないのか

ピルはなぜ歓迎されないのか

ピルはなぜ歓迎されないのか

アンチピルの傾向はなぜ生じたのか。行政、医学界、家族計画運動、女性運動に焦点をあて、生殖をめぐるポリティクスを歴史的に読みとく。
日本でピルが認可されたのは主要先進国に約30年遅れて1999年。ピル規制の背景については、産婦人科医の利益を守るとか、政府が少子化の進行を懸念したという憶測も強い。本書はこうした俗説を斥け、人々の身体観・生殖観・ジェンダー観が反映されたものと見て、その複雑なからみあいを明らかにする。(出版社紹介文)

一目散に買いに行かねば。

◇『ピルはなぜ歓迎されないのか』 - 勁草書房
http://www.populus.est.co.jp/asp/booksearch/detail.asp?m_code=13605&s_key=999414&scode=1836