読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

アウシュヴィッツの〈回教徒〉

新刊 歴史 哲学


熱烈に推薦され、「読まなきゃ」と手にとる。

アウシュヴィッツの〈回教徒〉?現代社会とナチズムの反復

アウシュヴィッツの〈回教徒〉?現代社会とナチズムの反復

「回教徒」とは、ナチス強制収容所において「生きる価値がないとされた者」を指す侮蔑の表現であった。収容所をめぐる膨大な証言の検証を通じ、9・11を経て戦後60年を迎えた現代社会をより根本的に規定するに到った「人間の識別」というナチズムの思考を問う。(出版社紹介文)

全560頁。いまは精読できない。とりあえず「はじめに」を読む。

【目次】
はじめに――アウシュヴィッツの「回教徒」とは
序章 皮膚――歴史の器官 本編へのエチュードとして
第0章 回教徒(Muselmann)/ムスリム(Muslim)/イスラム教徒(Moslem)
第I章 残忍な自己嘲弄? アウシュヴィッツの「回教徒」をめぐる侮蔑と享楽
第II章 意志を喪失した者たち アウシュヴィッツ強制収容所の抑留者が描く「回教徒」
 II-I その知力は死に瀕しているか、死に絶えていた 「ユダヤ人」抑留者の側から
 II-II 祈りを捧げるムスリム、その単調な揺れの動き 非「ユダヤ人」抑留者の側から
第III章 人間の影 他の強制収容所の抑留者が描く「回教徒」
 III-I 見境なく運命を受け入れるマホメット教徒 「ユダヤ人」抑留者の側から
 III-II 価値がないと見なされる者たちを追放する「無理からぬ傾向」 非「ユダヤ人」抑留者の側から
第IV章 生ける屍=戦闘機械 親衛隊員による「回教徒」という用語の使用
第V章 無意志の帰依/野蛮なる受動 「回教徒」という用語が研究者その他によって公的に登録される時
結び 人間と人類の名において

あとがき
文献一覧

◇春秋社
http://www.shunjusha.co.jp/