読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

タワレコ、ポイントカード満点


で、なにを買うか。3000円分。微妙な金額である。上記ルーマン読書会の後、とりあえずなんにも決めないままタワレコへ。

フラフラしていたら、10年ちょっとマエに出て少しだけ話題になったカーペンターズのトリビュート盤に再会した。少年ナイフソニック・ユース、レッド・クロス、シェリル・クロウらが参加。ぼくが学校を出て特殊版元に就職した年だ。なつかしい。思わず手にとる。約1800円。

  • Various Artists, If I Were a Carpenter, A&M, 1994
If I Were a Carpenter

If I Were a Carpenter

あと一枚。ふたたび徘徊をつづけていると、キャッシャー横の「PUNK」の文字が目に入った。

 

見ると、怒濤の初期PUNK10枚組ボックスセット。1460円。一枚あたり146円。なにがどうなってるのか。

  • Various Artists, PUNK ORIGINAL MASTERS 10 BOX, Cherry Red Records, 2005

結局カーペンターズのトリビュート盤とこのボックスセットに決めてしまった。合計3千数百円。ちょっと足が出たが、どうせお釣りはもらえないのだからよしとする。

いい買い物をしたんだか、例によってまたろくでもない買い物をしてしまったんだか、いまいちよくわからない。

【関連記事】
◇哲劇メモ > [音楽]
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/searchdiary?word=%2a%5b%b2%bb%b3%da%5d