読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

山形国際ドキュメンタリー映画祭

本日(7日)10時発の「山形映画祭貸切バス」なる(濃ゆそ〜な)乗り物で山形に向かいます。

てか、ほんの1時間前まで「理由なき勘違い」によって明日(8日)出発だと思ってたよ! 今日じゃん! やばい数時間後には出発だ... 当然、今日の宿もとってない。でもいまはそれどころではない。とにかく準備。現在あわてふためいて準備中...

【プログラム概要】2005年10月7日(金)‐13日(木)開催
◆インターナショナル・コンペティション
世界中から長編を対象に募集。950本の応募作品から選ばれた珠玉の15本。“いま”現在の世界が浮かび上がるようなバラエティに富む最先端のドキュメンタリーを紹介。
◆アジア千波万波
日本を含むアジアの新進作家を発掘、応援するプログラム。年を追うごとに大きなうねりとなって押し寄せるアジア各地の潮流を体感できるプログラム。
◆日本に生きるということ――境界からの視線
映画と在日の関わりを中心に、日本映画のみならず海外の視点から描かれた在日に関する作品を50本程度集め、これまで見過ごされてきた在日の映画史を見ていく。
◆私映画から見えるもの スイスと日本の一人称ドキュメンタリー
ニヨンのヴィジョン・デュ・レール映画祭との共同企画。スイスと日本から「セルフ・ドキュメンタリー」を上映、ディスカッションを行う。スイス・フィルムズ、スイス・プロ・ヘルヴェティア文化財団より支援。
雲南映像フォーラム
中国雲南省昆明で開催された雲之南記録映像論壇と東北芸術工科大学・東北文化研究センターの共同企画。現在の民族映像の新しい試みと作家や観客を育成する映画祭や映像教育、映像文化について、上映と討議を行う。
http://www.city.yamagata.yamagata.jp/yidff/2005/2005.html