読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

15の夜@バグダッド


イラク戦争時に湾岸戦争時の作品を読む。

批評家・加藤典洋氏の創作である。初出時(1991年春)には素通りしてしまったのだが、ある方のご好意によって再会することになった。思いがけずおもしろく読んだ。

イラク軍によるクウェート「侵攻」から多国籍軍による空爆の直前までに記された15歳の少年ハッサンの日記という体裁である。受験を控えた中学生が、父母と教師、マスメディア、弟と妹そして亡き兄の存在/非在のあいだを行きつ戻りつしながら、あの「聖戦」の意味を考えていく。ちょっと背伸びした生硬な語り口が、「盗んだバイクで走り出す」(©尾崎豊)のとはまたちがった、遠いバクダッドの空の下での「15の夜」を描き出している。

なかなか眠れない。もうじき午前三時。静かだ。
ザルゾウル(*)が、どこからか戻ってきた。(p.267)

  • (*)引用者註――家に住みついた野良猫。

あれからハッサンはどうしただろうか。生きていればもうすぐ30になるはずだ。

なお、この珍しい作品は抄録ながら『日本の名随筆 昭和II』(別巻98、作品社、1999)でも読むことができる。

昭和〈2〉 (日本の名随筆)

昭和〈2〉 (日本の名随筆)