読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

『科学哲学』@文庫クセジュ

新刊 哲学 サイエンス


著者ドミニック・ルクールについては、『ポパーウィトゲンシュタイン――ウィーン学団論理実証主義再考』(国文社)、ガストン・バシュラール『科学認識論』(白水社)の編集、それにジャック・ブーヴレスが投げつけた強烈な皮肉(『アナロジーの罠』の註@181頁)でしか知らない。偉い人らしいのだが、単著の邦訳はこれで2冊目のようだ。

  • ドミニック・ルクール『科学哲学』沢崎壮宏、竹中利彦、三宅岳史訳、文庫クセジュ891、白水社、2005

科学哲学 (文庫クセジュ)

科学哲学 (文庫クセジュ)

下記は白水社による紹介文。

多くの科学者をとりこにする哲学に、迫る!
ウィーン学団バシュラールを経てクワインやハッキングへと至る、サイエンスの目的と方法をめぐる探究──科学哲学に、見取り図を与える! 理系も文系も得心する、入門書の決定版。
via http://www.hakusuisha.co.jp/FMPro?-db=shosekidata.fmj&-format=detail.html&ISBN=4-560-50891-7&-Find

ウィーン学団からハッキングへといたる!? うーん、ちょっと読んでみたくなった。

Dominique Lecourt - Académie de Toulouse

追記

以上、簡単に(ずいぶんそっけなく)書いてしまったのだが、ウラゲツ☆ブログさんから詳細で有益な紹介文が!

ウラゲツ☆ブログ > 必読新書!ルクール『科学哲学』文庫クセジュ(2005年8月21日)

フランスのエピステモロジー/科学哲学の系譜から本書の「活用法」、本書を補完する推薦書までが解説されている。ありがたい。

ポパーとウィトゲンシュタイン―ウィーン学団・論理実証主義再考

ポパーとウィトゲンシュタイン―ウィーン学団・論理実証主義再考

科学認識論

科学認識論

アナロジーの罠―フランス現代思想批判

アナロジーの罠―フランス現代思想批判