読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

『社会研究の哲学』読書会

社会学 哲学 PhSR

14時〜18時@白山

  • John Hughes and Wes Sharrock, The Philosophy of Social Research (Third Edition), Longman, 1997

The Philosophy of Social Research (Longman Social Research Series)

The Philosophy of Social Research (Longman Social Research Series)

第2章「The positivist orthodoxy」が終わり、第3章「Positivism and the language of social research」に突入。

  • デュルケームによる宗教の定義は?
  • "follow the animal"(©ガーフィンケル
  • すでにアニマルを追っている人の奔放さ/まず柵が気になってしまう人の謹直
  • 実在論×観念論/唯物論×唯心論/唯物論×観念論
  • the notion of "thing" as an ontological criterion
  • thing/thing-like――人びとと科学者
  • 社会研究と社会改革
    「社会改革」の動機の出自はわかる。として、それが社会の理論や調査の語彙や選定と、どうかかわっている/いないのか?
  • "However, not much attention was given to the actual practices of the natural sciences by those who would follow their example." (p.42)

初の東洋大学詣で。
キャンパスが新しくて驚いた。それに井上円了の存在感にも驚いた。

 

その後、帰仏するカトリーヌ・マラブー氏の送別会に直行直帰。