読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

理想の教室(みすず書房)

 ※[新刊]は新刊情報のカテゴリです。

みすず書房から「理想の教室」という新シリーズが始動する。6月10日刊行開始。

編集委員は、亀山郁夫小森陽一巽孝之西成彦、水林章、和田忠彦の各氏。各巻は四六判ソフトカバー/平均144頁/予価1,300円(本体価格)とのこと。

第1回配本は下記の5冊。ラインナップを見るとぜんぶ読みたくなる。はやく実物を見てみたい。とくに亀山郁夫加藤幹郎両氏の作品。

下記は特設ページに掲載された刊行の辞。

《理想の教室》へようこそ
http://www.msz.co.jp/risou/
《理想の教室》は、好奇心や感受性の豊かな若い人たちに、いま出会って欲しいさまざまなテキストを伝えようと企画されました。教科書に載っている有名な作品、教科書に載っていたらよいのにと思われる優れた作品を、ていねいでキレのある語り方で分析し、その背景を教えていきます。外国も日本も、古典も現代文も、この教室では広がりと深さを知ることをモットーに、哲学、科学、美術、音楽とすべての教科の枠を超えて学ぶことができるのです。それはいつの日か必要とされる、「自ら考える力」を育てるための大事な訓練にほかなりません。

みすず書房 > 理想の教室
http://www.msz.co.jp/risou/