読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

EM自主ゼミ@国立

  • Jeff Coulter, "Is Contexualising Necessarily Interpretative?" Journal of Pragmatics, 21: pp.689-698, 1994
とくに後半、議論がおもしろくなりそうなところで辞去。残念だった。下のといっしょに復習する(予定)。

有限責任会社 (叢書・ウニベルシタス)

有限責任会社 (叢書・ウニベルシタス)

エスノメソドロジー―社会学的思考の解体

エスノメソドロジー―社会学的思考の解体

  • エマニュエル・A・シェグロフ「ミクロとマクロの間――コンテクスト概念による接続策とその他の接続策」、『ミクロ‐マクロ・リンクの社会理論』新泉社、1998
ミクロ‐マクロ・リンクの社会理論―「知」の扉をひらく

ミクロ‐マクロ・リンクの社会理論―「知」の扉をひらく

  • 作者: ジェフリー・C.アレグザンダー,リヒャルトミュンヒ,ベルンハルトギーゼン,ニール・J.スメルサー,Jeffrey C. ALexander,Richard M¨unch,Bernhard Giesen,Niel J. Smelser,石井幸夫,木戸功,間淵領吾,内田健,円岡偉男,若狭清紀
  • 出版社/メーカー: 新泉社
  • 発売日: 1998/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (16件) を見る

退出後、下記コンサートのため大急ぎで会場に向かう。