読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

湯山光俊『はじめて読むニーチェ』

昨日届いて一気に読了。湯山さんありがとうございました。

はじめて読むニーチェ (新書y)

はじめて読むニーチェ (新書y)

  • ※2005年2月3日現在、まだamazon.co.jpのデータベースに登録されていないようで、上記の書影つきリンクが正常に表示されていませんが、しばらくしたら表示されるようになると思います。

世に「入門書」は売るほどあれど(*1)、よい入門書――さらなる探究に向かいたくなる本、箒に乗せられた気になれる本――は本当に少ない。それだけ書くのが難しいということなのだろう(*2)。本書は、ニーチェの箒に乗ってさらにニーチェ作品を読みたくなるような得難い入門書。

目次は下記のとおり。

第一章 フリードリッヒ・ニーチェ年代記――「三段の変化」
1 駱駝の時代
2 獅子の時代
3 幼子の時代
第二章 フリードリッヒ・ニーチェの思想――「発見」と「発明」
A 《概念》
B 《心理学》
C 《文体》
第三章 フリードリヒ・ニーチェの主要作品

とくに冒頭の年代記、そして第2章「C 《文体》」のなかの「キャラクターで語る方法」はとても楽しい。

cf. 相棒(八雲出)の関連記事 http://d.hatena.ne.jp/yakumoizuru/20050201#p1

  • (*1)実際売ってるし。
  • (*2)どんな本でもそうなんだろうけれど。