哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

文学

善悪の根源

川上未映子『ヘヴン』講談社、2009 ヘヴン作者: 川上未映子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/09/02メディア: 単行本購入: 12人 クリック: 271回この商品を含むブログ (237件) を見る 帯の「善悪の根源」云々というキャッチコピーにつられて購入。この人…

My Unwritten Books

台風の日。我が家の鳥獣たちのかたわらで、ひさしぶりに一日じゅう家にこもり読書をして過ごした(こんな過ごしかたをしたのは本当にひさしぶり。2、3年ぶりだろうか)。 ジョージ・スタイナー『私の書かなかった本』みすず書房、2009 私の書かなかった本作…

不敬文学、『源氏物語』

恒例の「本日の朝刊」コーナー(嘘)、今日は『朝日新聞』から。 「不敬文学と呼ばれた昭和10年代――源氏物語 あちこち「削ル」」、『朝日新聞』朝刊、2006年5月31日 1939〜1941年(昭和14〜16年)に刊行された『潤一郎訳源氏物語』(「旧訳」)の成立過程。…

今村昌平氏、死去

今村昌平監督が死去 2度のカンヌ最高賞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060530-00000231-kyodo-ent 人間の業や欲望を重厚なタッチで描き、「楢山節考」と「うなぎ」でカンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)に2度輝いた映画監督の今村昌平(いまむ…

『神聖喜劇』(大西巨人×のぞゑのぶひさ×岩田和博)

のぞゑのぶひさ『神聖喜劇』第1巻、第2巻、幻冬舎、2006 神聖喜劇 (第1巻)作者: 大西巨人,のぞゑのぶひさ,岩田和博出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2006/05メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 60回この商品を含むブログ (55件) を見る神聖喜劇 (第2巻)作者…

第○回――『明六雑誌』第一號、読了

※「明治賢人研究会」は、武蔵野人文資源研究所の公式分科会です。第何回か忘れてしまった。 西村茂樹「開花の度に因て改文字を発すべきの論」、『明六雑誌』上巻、岩波文庫、1999 明六雑誌 (上) (岩波文庫)作者: 山室信一,中野目徹出版社/メーカー: 岩波書店…

今月中に読みたい3冊

最新刊というわけではないけれど、いますぐにでも読みたい(けれどもいつ読めるのかわからない)小説、戯曲が下記の3冊。 スチュアート・ダイベック『僕はマゼランと旅した』柴田元幸訳、白水社、2006 僕はマゼランと旅した作者: スチュアート・ダイベック,…

dazed and confused

目の前にアルプスがある...。長いまわり道をしなければならない/もし登りたくないなら。 There are the Alps... You will have to go a long way round / If you want to avoid them. ――Basil Bunting

デリダの追悼文集

ジャック・デリダ『そのたびごとにただ一つ、世界の終焉』土田知則ほか訳、岩波書店、2006 そのたびごとにただ一つ、世界の終焉〈1〉作者: ジャック・デリダ,土田知則,岩野卓司,國分功一郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2006/01/20メディア: 単行本購入:…

小島信夫インタヴュー&『寓話』刊行

via. 「壁の中」から http://inthewall.blogtribe.org/ 読売新聞 > 本よみうり堂> 独創世界70年 小島信夫氏創作の秘密http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20060202bk09.htm?from=os1 小島信夫氏(90)が400枚の新作「残光」を新潮2月号に発表した。70年間、…

ゆきだるマ

文久元年の冬には、江戸に一度も雪が降らなかった。冬じゅうに少しも雪を見ないというのは、殆ど前代未聞の奇蹟であるかのように、江戸の人々が不思議がって云いはやしていると、その埋め合わせというのか、あくる年の文久二年の春には、正月の元旦から大雪…

セリーヌの夜

十年ぶりに『夜の果てへの旅』を読んでみようと思い立った(*1)。前回は中公文庫の生田耕作訳だったんだけど、こんどは某特殊版元作品集の高坂和彦訳に取り組むべく、鼻息も荒くケータイメールで注文(*2)。お世話になった方々、ありがとうございました。…

第9回――明六社と『明六雑誌』

※「明治賢人研究会」は、武蔵野人文資源研究所の公式分科会です。 『明六雑誌』上巻、岩波文庫、1999 明六雑誌 (上) (岩波文庫)作者: 山室信一,中野目徹出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1999/05/17メディア: 文庫 クリック: 14回この商品を含むブログ (9件…

ほとんど記憶のない女

リディア・デイヴィス『ほとんど記憶のない女』岸本佐知子訳、白水社、2005 ほとんど記憶のない女作者: リディアデイヴィス,Lydia Davis,岸本佐知子出版社/メーカー: 白水社発売日: 2005/10メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 40回この商品を含むブログ (7…

小島信夫を再読する

ちゃんと12月号が出た。すごい。 『水声通信』特集*小島信夫を再読する、2005年12月号(no.2)、水声社 水声通信 No.2 (2005年12月号) 特集 小島信夫を再読する出版社/メーカー: 水声社発売日: 2005/11/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見…

第8回――内田魯庵

※「明治賢人研究会」は、武蔵野人文資源研究所の公式分科会です。 内田魯庵「下谷広小路」、『魯庵の明治』山口昌男、坪内祐三編、講談社文芸文庫、1997 魯庵の明治 (講談社文芸文庫)作者: 内田魯庵,坪内祐三出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/05/09メデ…

いまこそNOSAKAだ!

わが相棒の文章が雑誌『ユリイカ』に掲載されました。もう書店に並んでいます。急いで! 山本貴光「含羞の野蛮ポップ――野坂作品の二つの骨法」、『ユリイカ』特集*野坂昭如――いまこそNOSAKAだ!、2005年12月号(vol.37-no.13)、青土社http://www.seidosha.…

光あるうち光の中を歩め

マよ。【関連記事】◇哲劇メモ > [マ] - 愛犬マルティナ。雑種の黒犬よろしくhttp://d.hatena.ne.jp/clinamen/searchdiary?word=%2a%5b%a5%de%5d 光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)作者: トルストイ,原久一郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/05メディア…

橋本治氏新刊

橋本さんの本、毎月出てる気がする。 橋本治『乱世を生きる――市場原理は嘘かもしれない』集英社新書、2005 乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない (集英社新書)作者: 橋本治出版社/メーカー: 集英社発売日: 2005/11メディア: 新書 クリック: 14回この商品を…

ドリュ・ラ・ロシェルのダイアリー

ピエール・ドリュウ・ラ・ロシェル『ドリュウ・ラ・ロシェル日記――1939-1945』有田英也訳、メタローグ、1994 ドリュウ・ラ・ロシェル―日記1939‐1945作者: ピエール・ドリュウラ・ロシェル,Pierre Drieu La Rochelle,有田英也出版社/メーカー: メタローグ発売…

第7回――内田魯庵

※「明治賢人研究会」は、武蔵野人文資源研究所の公式分科会です。 内田魯庵「下谷広小路」、『魯庵の明治』山口昌男、坪内祐三編、講談社文芸文庫、1997 魯庵の明治 (講談社文芸文庫)作者: 内田魯庵,坪内祐三出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/05/09メデ…

第6回――内田魯庵

※「明治賢人研究会」は、武蔵野人文資源研究所の公式分科会です。前回めでたく「銀座と築地の憶出」が終了。今回から「下谷広小路」へ突入。 内田魯庵「下谷広小路」、『魯庵の明治』山口昌男、坪内祐三編、講談社文芸文庫、1997 魯庵の明治 (講談社文芸文庫…

スタンリー・キャヴェル、邦訳刊行

スタンリー・カベル『センス・オブ・ウォールデン』齋藤直子訳、法政大学出版局、2005 センス・オブ・ウォールデン (叢書・ウニベルシタス)作者: スタンリーカベル,Stanley Cavell,齋藤直子出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 2005/10メディア: 単行本 …

〈ユダヤ人〉という存在

先月のことになりますが。 池内紀『〈ユダヤ人〉という存在 池内紀の仕事場2』みすず書房、2005 “ユダヤ人”という存在 (池内紀の仕事場 2)作者: 池内紀出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2005/09/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 1回この商品を含む…

モンテーニュ『エセー』全訳開始

先日ふるい全訳本を入手したばかりなんだけど... モンテーニュ『エセー 1』宮下志朗訳、白水社、2005 エセー〈1〉作者: Michel de Montaigne,ミシェル・ドモンテーニュ,宮下志朗出版社/メーカー: 白水社発売日: 2005/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: …

私の話

※ちなみに[新刊]とは新刊情報のためのカテゴリーです。 鷺沢萠『私の話』河出文庫、2005 私の話 (河出文庫)作者: 鷺沢萠出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2005/10/05メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 11回この商品を含むブログ (23件) を見る 「生ま…

さようなら杉浦日向子さん

松田哲夫「さようなら杉浦日向子さん」http://www.chikumashobo.co.jp/top/050803/index.html 松田哲夫氏による追悼文@筑摩書房ウェブサイト。今日見つけたので今日紹介。◇筑摩書房http://www.chikumashobo.co.jp/

樋口一葉の文庫版選集(全3巻)

ちくま文庫から『樋口一葉 小説集』が刊行された。 樋口一葉『樋口一葉 小説集』菅聡子編、ちくま文庫、2005 樋口一葉 小説集作者: 樋口一葉,管聡子出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2005/10/05メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (5件) を…

第4回――内田魯庵

※「明治賢人研究会」は、武蔵野人文資源研究所の公式分科会です。あいかわらず内田魯庵「銀座と築地の憶出」。今日は4ページ弱も進んだ。 内田魯庵「銀座と築地の憶出」、『魯庵の明治』山口昌男、坪内祐三編、講談社文芸文庫、1997 魯庵の明治 (講談社文芸…

マルケスとセリーヌ

今日はじめて知ったこと。電車内で、背中にデカデカと「Garcia Marques」とプリントされたジャケットを着ている人が隣に座った。話しかけやすそうな人だったので、思わず「ガルシア・マルケスっていうノーベル賞作家とは関係ないんですよね?」と尋ねてしま…

多重映画脚本家 桂千穂

変態妖怪少年脚本家・桂千穂氏の新刊。 桂千穂『多重映画脚本家 桂千穂』北里宇一郎、北川れい子編、ワイズ出版、2005 多重映画脚本家 桂千穂作者: 桂千穂,北里宇一郎,北川れい子出版社/メーカー: ワイズ出版発売日: 2005/07メディア: 単行本 クリック: 5回…

ドストエフスキー氏のブログ「作家の日記」(*)

(*)実在しません(為念ほんとうに久しぶり――前回は学生時代だったから十年以上ぶりか?――に、「柔和な女」と「おかしな男の夢」を読んだ。前回は福武文庫版『ドストエフスキイ後期短篇集』の米川正夫訳、今回は下記の小沼文彦訳。 ドストエフスキー「柔和…

無神論月間(*)

(*)神無月(出雲を除く)。犬の鼻が冷たい季節がやってきた。 あせっても動けなかった。もう花も顔を近づけなくては見えなくなっていた。いきなり、つめたい濡れたものが頬にくっついた。ぎょっとすると犬の鼻だった。犬はすわっていて私にからだの重みを…

15の夜@バグダッド

イラク戦争時に湾岸戦争時の作品を読む。 加藤典洋「聖戦日記」(文明季評'91春)、『中央公論』文芸特集、中央公論社、1991 批評家・加藤典洋氏の創作である。初出時(1991年春)には素通りしてしまったのだが、ある方のご好意によって再会することになった…

いまごろ気がつくのはさておき

『小説トリッパー』秋季号の特集は「気がつけば韓流」。白眉は岩井志麻子氏のエッセイ。 岩井志麻子「時代がやっと私に追いついた」、『小説トリッパー』特集*気がつけば韓流、2005年秋季号、朝日新聞社 小説 TRIPPER (トリッパー) 2005年 秋季号出版社/メ…

第3回――内田魯庵

※「明治賢人研究会」は、武蔵野人文資源研究所の公式分科会です。あいかわらず内田魯庵「銀座と築地の憶出」。今日は5頁進んだ。 内田魯庵「銀座と築地の憶出」、『魯庵の明治』山口昌男、坪内祐三編、講談社文芸文庫、1997 魯庵の明治 (講談社文芸文庫)作者…

私はもうこれ以上の*は書かない。

※タイトルの「*」はワイルドカードの「*」です。『朝日新聞』の広告をボーッと眺めていたところ思わず瞠目。 私はもうこれ以上の信長は書かない。 作者の津本陽氏のお言葉。宣伝文には、「名著『下天は夢か』から十六年。ついに明かされる信長、最後の野望…

茶話

話し出すと止まらない。それが茶話。読み出すと止まらない。それが『茶話』。 薄田泣菫『茶話』岩波文庫 茶話 (岩波文庫)作者: 薄田泣菫出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1998/07/16メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (13件) を見…

第2回――内田魯庵(再)

※「明治賢人研究会」は、武蔵野人文資源研究所の公式分科会です。 内田魯庵「銀座と築地の憶出」、『魯庵の明治』山口昌男、坪内祐三編、講談社文芸文庫、1997 魯庵の明治 (講談社文芸文庫)作者: 内田魯庵,坪内祐三出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/05/0…

『デカルトの密室』 etc.

文学関連の新刊・近刊情報。 瀬名秀明『デカルトの密室』新潮社、2005 デカルトの密室作者: 瀬名秀明出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/08/30メディア: 単行本 クリック: 11回この商品を含むブログ (105件) を見る 「発達し過ぎたAIは、人間と同様に自由…

談話談話も仕事のうち

今日は原稿準備の一環として友人に話を聞きにいく。 *-*先日聴こうと思ったらHDDから消失していたパティ・スミス。グレン・グールドとともに領域横断的に消失している事実に一瞬とまどったのだが、気をとりなおしてレンタルショップで借りてきた。今日はこれ…

老母草

先日、地元の市が運営する中央図書館に足を運んだ。図書館は、バブルのころに建立されたとおぼしき巨大な文化施設のなかにある。その建物には、図書館のほかにもレストランや各種イベントホールなどが入っており、講演会や展示会などのほか、小さな映画祭が…

生きているのはひまつぶし

「深沢七郎」という文字を目にするたびに、また、「フカザワシチロー」(*1)という音を人から聞いたり自ら発したりするたびに、自動的にわたしの頬はゆるんでしまう。それが言祝ぐべき事柄なのか、はたまた憂慮すべき事態なのかはよくわからないのだが、と…

タイムスリップの断崖で(第6回)

出てからかなり経っているのだが、今日ようやくチェックできた。 絓秀実「「革命無罪」から「愛国無罪」へ――「東風」計測の新・尺度」、『en-taxi』2005年夏号(第10号)、扶桑社 enーtaxi 第10号 (ODAIBA MOOK)作者: 柳美里出版社/メーカー: 扶桑社発売日: …

在日ヲロシヤ人

星野智幸『在日オロシヤ人の悲劇』講談社、2005 在日ヲロシヤ人の悲劇作者: 星野智幸出版社/メーカー: 講談社発売日: 2005/06/18メディア: 単行本 クリック: 9回この商品を含むブログ (25件) を見る 信頼する読み手から激賞されて読まない手があろうか。◇星…

第1回――内田魯庵

※「明治賢人研究会」は、武蔵野人文資源研究所の公式分科会です。 内田魯庵「銀座と築地の憶出」、『魯庵の明治』山口昌男、坪内祐三編、講談社文芸文庫、1997 魯庵の明治 (講談社文芸文庫)作者: 内田魯庵,坪内祐三出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/05/0…

犬描写、第三の大家

先日、わたしは次のような記事を書いた。 ※敬愛する大西巨人氏のひそみにならい(いつもどおり内容には大きな落差があるが、形式だけを見習って)、以下に長々と引用する。 ◇哲劇メモ > [文学][マ][メモ] みそつかす(2005年7月19日)腹が立ってしかたがない…

ABC@六本木

元同僚(現友人)と六本木で昼飯。そのときに立ち寄った青山ブックセンターで購入した新刊3冊。 ジョルジョ・アガンベン『バートルビー――偶然性について』高桑和巳訳、月曜社、2005 バートルビー―偶然性について [附]ハーマン・メルヴィル『バートルビー』…

杉浦日向子さん死去

杉浦日向子さんが死去http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050725-00000011-yom-soci江戸情緒豊かな漫画やエッセーで知られた江戸風俗研究家の杉浦日向子(すぎうら・ひなこ)さんが22日午前4時32分、下いん頭がんのため千葉県柏市内の病院で死去した…

セパレータ問題

ほんとどーでもいいことですが。id:june_tさんがずっとフェイスマークと思っていらっしゃったという拙ブログにおける「*-*」。 june_t 『ここのところずっと気になっていたのが「*-*」でした。フェイスマークかと思ったのですが、さっきRSS見てわかりました…