読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

on John R. Searle(ジョン・R・サール)

◇UC Berkeley > Professor John Searle - 教員プロフィールhttp://socrates.berkeley.edu/~jsearle/◇Professor John Searle > Bibliography - Wordファイルhttp://socrates.berkeley.edu/~jsearle/biblio.doc◇Professor John Searle > Photos - 写真(Octobe…

人格の同一性

新刊ならぬ旧刊情報。サール『Mind』における「人格の同一性」(Personal Identity)についての訳文検討のお伴に。 シドニー・シューメーカー『自己知と自己同一性』菅豊彦、浜渦辰二訳、勁草書房、1989 シドニー・シューメイカー、リチャード・スウィンバー…

生きているのはひまつぶし

「深沢七郎」という文字を目にするたびに、また、「フカザワシチロー」(*1)という音を人から聞いたり自ら発したりするたびに、自動的にわたしの頬はゆるんでしまう。それが言祝ぐべき事柄なのか、はたまた憂慮すべき事態なのかはよくわからないのだが、と…

タイムスリップの断崖で(第6回)

出てからかなり経っているのだが、今日ようやくチェックできた。 絓秀実「「革命無罪」から「愛国無罪」へ――「東風」計測の新・尺度」、『en-taxi』2005年夏号(第10号)、扶桑社 enーtaxi 第10号 (ODAIBA MOOK)作者: 柳美里出版社/メーカー: 扶桑社発売日: …

対話の回路

小熊英二『対話の回路――小熊英二対談集』新曜社、2005 対話の回路―小熊英二対談集作者: 小熊英二出版社/メーカー: 新曜社発売日: 2005/07メディア: 単行本 クリック: 24回この商品を含むブログ (59件) を見る 帰りの電車内で急いでふたつの対談を読む。下記…

犬描写、第三の大家

先日、わたしは次のような記事を書いた。 ※敬愛する大西巨人氏のひそみにならい(いつもどおり内容には大きな落差があるが、形式だけを見習って)、以下に長々と引用する。 ◇哲劇メモ > [文学][マ][メモ] みそつかす(2005年7月19日)腹が立ってしかたがない…

語りと断念

思考可能なものたち、それはすなわち語りうるものたちのことだ。それゆえ、思考可能性の変化とは、語りうるものたちの変化にほかならない。語りうるものの領域が変化する。しかし、その変化を語ることはできない。ただ、変化しつつ語り続けること。なるほど…

「言語の論理的分析による形而上学の克服」

ルドルフ・カルナップ「言語の論理的分析による形而上学の克服」内田種臣訳、『カルナップ哲学論集』永井成男、内田種臣編訳、紀伊國屋書店、1977 カルナップ哲学論集作者: ルドルフ・カルナップ,永井成男,内田種臣,内井惣七出版社/メーカー: 紀伊国屋書店発…

みそつかす

腹が立ってしかたがないので(上記エントリー参照)、気分を鎮めようと幸田文を読んでみる(仕事は?)。書棚からとりだしたのは、ご存じ『みそっかす』。 幸田文『みそっかす』岩波文庫、1983 みそっかす (岩波文庫 緑 104-1)作者: 幸田文出版社/メーカー: …

カルナップほか

明日の某研究会のために資料作成。主役はこれ。 ルドルフ・カルナップ「言語の論理的分析による形而上学の克服」内田種臣訳、『カルナップ哲学論集』永井成男、内田種臣編訳、紀伊國屋書店、1977 カルナップ哲学論集作者: ルドルフ・カルナップ,永井成男,内…

マラブー女史来日(3)

二度あることは三度あるということで、またおしかけてしまった。 講演会「世界史と喪の可塑性―ヘーゲルの未来」 講師:カトリーヌ・マラブー(Catherine Malabou)氏日時:2005年7月8日(金) 17:00-19:00会場:一橋大学佐野書院(西キャンパス南側)予約不…

マラブー女史来日(2)

毎度おしかけるのもいかがなものかと思いつつ出かけてきた。 「哲学の使命」――東京日仏学院ラウンド・テーブル@東京日仏学院エスパス・イマージュ/同時通訳付き/入場無料カトリーヌ・マラブー藤本一勇西山雄二(司会) 何故、どのようにして哲学者になる…

重箱の隅――大森荘蔵

TODOリスト 大森荘蔵の「量子論的非決定性」への「屈服」を再検討 cf. 『言語・知覚・世界』『新視覚新論』『哲学の迷路』 ◇哲劇メモ > メモhttp://d.hatena.ne.jp/clinamen/searchdiary?word=%2a%5b%a5%e1%a5%e2%5d

「哲学」――ウィトゲンシュタインとデリダ(ローティ)

リチャード・ローティ『哲学の脱構築――プラグマティズムの帰結』室井尚、吉岡洋、加藤哲弘、浜日出夫、庁茂訳、御茶の水書房、1985「哲学を純粋に保つこと――ウィトゲンシュタイン試論」「エクリチュールとしての哲学――デリダ試論」 哲学の脱構築―プラグマテ…

マラブー女史来日(1)

『わたしたちの脳をどうするか――ニューロサイエンスとグローバル資本主義』をめぐって@日仏会館/2005年7月5日(火)/午後6時/601会議室,入場無料/同時通訳付きカトリーヌ・マラブー(パリ第10大学)港千尋(写真家,多摩美術大学) カトリーヌ・マラブ…

他者自己

たぶんこっちだったような気がするの。他者のような自己自身 (叢書・ウニベルシタス)作者: ポールリクール,Paul Ricoeur,久米博出版社/メーカー: 法政大学出版局発売日: 1996/06メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る――日曜社会学>出不ろぐ de…

p

まるで魅入られたかのようにひとびとが繰り返しそこに立ち戻って来る命題――私はそういう命題を哲学の言語から消してしまいたいのだ。 ――ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン『確実性の問題』第31節、菅豊彦訳、ウィトゲンシュタイン全集9、大修館書店、1975

「説明」「理解」「解釈」――リクールとローティ

「説明と理解」つづき。 リクール ポール・リクール「説明と了解」久米博訳、『解釈の革新』久米博、清水誠、久重忠夫訳、白水社、2005 解釈の革新作者: ポール・リクール,久米博,清水誠,久重忠夫出版社/メーカー: 白水社発売日: 2005/06/01メディア: 単行本…

「説明」「理解」――ウリクト

※[概念]=「根本諸概念(仮」なる構想下にメモを集積する予定。その作業用のカテゴリー。 *-* G・H・フォン・ウリクト『説明と理解』丸山高司、木岡伸夫訳、産業図書、1984http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001003289 やっと2周目が完了。まったく…

解釈の革新

先月に亡くなったフランスの哲学者ポール・リクールの論文集。 ポール・リクール「説明と了解」、『解釈の革新』久米博、清水誠、久重忠夫訳、白水社、2005(新装版)解釈の革新作者: ポール・リクール,久米博,清水誠,久重忠夫出版社/メーカー: 白水社発売日…

女学生とはなにか

大正から昭和初期にかけての優美な乙女たちの世界において、〈女學生〉とはおおまかに女子学生を指すのではなく、〈高等女學校に通っていた學生〉を指す。女学生ライフを理解するためのキーワードのひとつに〈エス〉があり、これは女学校における上級生と下…

バーガー&ルックマン

ようやく読了。 ピーター・バーガー、トーマス・ルックマン『現実の社会的構成――知識社会学論考』山口節郎訳、新曜社、1977/2003現実の社会的構成―知識社会学論考作者: ピーター・L.バーガー,トーマスルックマン,山口節郎出版社/メーカー: 新曜社発売日: 200…

Hacking Wittgenstein

※タイトルはイメージです。先日も紹介したP・M・S・ハッカー氏だが、比較的最近に刊行されたウィトゲンシュタイン論をさらに3冊ご紹介。 P. M. S. Hacker, Wittgenstein's Place in Twentieth-Century Analytic Philosophy, Blackwell Publishers, 1996Wittg…

隙間産業

世の中にはいろんな隙間があり、いろんな産業がある。哲学にも隙間産業がある。人があまり手を出さない/出せない物事(=ニッチ)を扱う場合だ。ベーダーンタ学派研究とか。もっとも、哲学の専門研究はそれ自体で隙間産業なのかもしれない。それとはちがっ…

更新

「超」整理法により、埋もれていたメモ群が出土したので、いくつか追加。元の日付のまま追加されています。自分用の備忘録も兼ねているので、ご容赦ください。cf. 哲劇メモ > [メモ]

しかし、ぼくたちの庭を耕さなければなりません

ヴォルテール『カンディード 他五篇』植田祐次訳、岩波文庫、2005カンディード 他五篇 (岩波文庫)作者: ヴォルテール,植田祐次出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2005/02/16メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 69回この商品を含むブログ (64件) を見るカンデ…

迷信、ルソー、トルストイ

トルストイ『文読む月日(上)』北御門二郎訳、ちくま文庫、2004文読む月日〈上〉 (ちくま文庫)作者: レフ・ニコラエヴィチトルストイ,北御門二郎出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2003/12メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 7回この商品を含むブログ (21件…

知る、信じる、言う

宿題:「知る」「信じる」「言う」の関係。cf.ウィトゲンシュタイン

知ること

知ることからはじまることと、知ることでおわること。出発点としての知ることと、終着点としての知ること。「知ること」からすべてがはじまるのではない。「知ること」においてすでにおわっていることがある。cf. ウィトゲンシュタイン

EMとLGA

要調査:エスノメソドロジーと論理文法分析の関係。

on/off

off-dutyにおいて生じた「概念的混乱」(=哲学的問題)を、on-dutyの実践のもとへ着地(=解消=成仏)させてあげること。cf.ジェフ・クルター

犬の散歩という罠

散歩に連れていく? わたしの友人が「犬を散歩に連れていく」という表現をめぐってこんな風なことを書いた。……実際にはわたしたちのほうが連れられていく場合が多いのではないだろうか。犬の要求や促しに応えるかたちで。また、散歩中も犬にひっぱられっぱな…

Yからの手紙

Forwarded by Hiromitsu Yoshikawa------------------- Original Message -------------------From: Y To: Hiromitsu Yoshikawa Date: Sat, 04 Sep 2004 03:30:26 +0900Subject: (untitled)----吉川浩満様返事が遅くなり申し訳ない。御本をありがとう。あの…

トルストイとドストエフスキー

『トルストイとドストエフスキー――最初の神/最後の神』 [来るべき書物](*) 作品と生の対立/作品における生の対立 最初の神/最後の神 懐疑主義のエンジン/相対主義のエンジン 健康の病い/病いの健康 悲劇/喜劇 (*)[来るべき書物]=「こんな本が書け…

趣味論メモ――イデオロギー論

反動形成としての文化(ジジェク)そういう見方をしたとして、それでどんないいことがあるのか。

趣味論メモ――キーワード

レイベリング&アディクション(cf.東浩紀) 目的合理性→接続合理性(cf.宮台真司) 現実からの逃避→現実への逃避(cf.大澤真幸)

心の旅路3部作(*)

『かしこくなるとはどういうことか』 [来るべき書物] 『言うことと、なにも言わないこと』 [同上] 『「である」と「べき」と「かのように」』 [同上]『かしこく』では知(識)を、『言う言わない』では言葉を、『であるべきかのように』では(いわゆる)倫理…

悪態四態 #2

「○○先生すてきだわぁ」(←うっとり) よかったね。 「わたしってこうなんです」(←みて!) 知るか。 「○○ではないだろうか」(←しかつめ) それで? 「なんでわたしのようにできないの?」(←とくとく) じゃ一生やってろ。もちろんぜんぶやってる自信ある…

あれこれ

これ あれか、これか あれもこれも あれでもなく、これでもなくところで4は可能なのか?(※Yくんと車中で)

4枚のカード

キング=「最強」 クイーン=キングの婢 ジャック=〈子ども〉 ジョーカー=ゲームから降りるゲーマー

袋小路論

『袋小路論――「ある種の知的な気分」の回路基板』 [来るべき書物] (or『かしこくなるとはどういうことか――「知ること」の袋小路』) 「ある種の知的な気分」(ライル) 「ある種の知的な気分」から「哲学」へ わたしたちはみな実践的哲学者である それどこ…

ふたつの種族

『ふたつの種族――レーヴィとフランクル』 [来るべき書物] 善意の人間とそうでない人間――フランクル 溺れるものと救われるもの――レーヴィプリーモ・レーヴィとヴィクトール・フランクルによる、ふたつの「ふたつの種族」論。 すなわちある人間が収容所の看視…

問題論

『問題論――哲学的、あまりに哲学的』 [来るべき書物] 問題はそれが適切に記述(定式化)された時点で終わる(解決ではなく)。しかし解答のない問題は問題ではない。問題を定式化すること(=哲学)は、解答を与えないのであるから、いってみれば詮無いこと…

哲学/科学/芸術

ドゥルーズ=ガタリの定式化と、それにたいする疑問。 哲学は概念を創造し 科学は関数を創造し 芸術は感覚を創造するいったい「なに」が3つあるのか。人間活動のすべてなのか。「創造行為」なのか。それとも人間活動すなわち創造行為なのか。そこのところを…

ウィトゲンシュタイン

『ウィトゲンシュタイン――ビルドゥングス・ロマン』 [来るべき書物] ウィトゲンシュタインの歩みを、「ある種の知的な気分」(©ギルバート・ライル)のアンチ・ビルドゥングス・ロマンとして描く。 『論考』が「批判的に乗り越え」られて『探究』が成ったの…

非‐知としてのテクノロジー

『非‐知としてのテクノロジー』 [来るべき書物] 20世紀の科学哲学が大きな成果を残した、「自然科学の認識論的な地位の画定」には興味がなくなってしまった(もちろん、それが重要でないと考えているわけではない)。 いま考えてみたいのは、技術(テクノロ…

夏休みの宿題

◆『心脳問題』――夏休みの宿題*1 [MB]=拙著『心脳問題――「脳の世紀」を生き抜く』についてのスレです(スレじゃないが)。 ちなみに、このスレ(スレじゃ(ry)における筆者たちの願望は、読者のみなさんからいただいたコメントや筆者自身のコメントを出発点…

哲学のアスペクト

『哲学のアスペクト――ウィトゲンシュタイン/ドゥルーズ』 [来るべき書物] 潜ることと泳ぐこと。

思考実験

『思考実験――その意義と功績』 [来るべき書物] [TE]は、筆者の好きな「思考実験」(Thought Experiment/Gedankenexperiment)についてのスレです(スレじゃないが)。古今の哲学者・科学者たちが提出してきた思考実験を筆者の好みにしたがって紹介(順不同…

『心脳問題』――「ライルの方針」

contractioさん(id:contractio)から提示していただいた疑問について考えてみます。 ◇id:contractioさん([Sin-No]) http://d.hatena.ne.jp/contractio/searchdiary?word=%2a%5bSin%2dNo%5d ◇id:yakumoizuru(相棒)([MB]) http://d.hatena.ne.jp/yakumo…