哲劇メモ

吉川浩満(@哲学の劇場)の日々の泡

イベント

スモッグのちバロック

鈴木秀美 J.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲」全曲演奏会(第一夜)@浜離宮朝日ホール [live] 第一夜の今日は「無伴奏チェロ組曲」から第1番、第3番、第6番。第二夜では当然、残りの第2番、第4番、第5番が演奏される予定だが、残念ながらそれには行けない(2005…

ジョアンナ・ニューサム&スモッグ

JOANNA NEWSOM & SMOG @ Shibuya O-West [live] ※写真はイメージです。よかった。万事よかった。最前列(久しぶり)の鉄棒に寄りかかり、前座+メインアクツで計4時間強。いやぁ、それにしても疲れた男のユートピア。前座は、テニスコーツと54-71。どちらも…

デリダの明日(はどっちだ?)

新宿セミナー@Kinokuniya「デリダの明日:2005年/危機と哲学──国家・政治・文化・想像力」講師:小林康夫×鵜飼哲×西山雄二×萱野稔人日時:11月3日(木・祝)14:00開演(13:30開場)料金:1,000円(全席指定・税込)会場:新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書…

社会学者バトルロイヤル@三省堂書店

活発にトークイベントを展開中の三省堂書店。宮台×仲正×北田の総当たり戦継続中。 宮台真司×仲正昌樹トーク&サイン会――『限界の思考』『デリダの遺言』(双風舎)刊行記念日時:2005年10月30日(日) 18:30-20:00(18:00開場)会場:三省堂書店神田本店8階特…

公開シンポジウム「ケアと自己決定」

東京大学大学院人文社会系研究科21世紀COE研究拠点形成プログラムによる公開シンポジウム。 公開シンポジウム「ケアと自己決定」日時:2005年11月26日(土) 13:00-場所:東京大学医学部2号館本館 大講堂提題者:立岩真也(社会学/立命館大学) 川本隆史(社…

神保町ブックフェスティバル

東京ローカルな話題で恐縮ですが。 第15回 神保町ブックフェスティバル日時:10月29(土)〜10月30日(日)http://jimbou.info/news/book_fes.html 古本チャリティーオークションからサルサ&メレンゲ演奏、そして北方謙三サイン会まで、注目のイベントも目…

EMCA研究会大会・総会

EMCA研究会大会・総会日時:2005年10月24日 9:30-15:00場所:立教大学会費:会員500円/非会員1000円9:30-11:30 制度場面のシークエンス分析11:30-12:30 新旧世話人会12:30-13:00 総会13:30-15:00 欧州帰朝報告http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/200…

HOKUSAI & プーシキン美術館

北斎展@東京国立博物館(2005/10/25-12/4) プーシキン美術館展@東京都美術館(2005/10/22-12/18) ◇北斎展 - 東京国立博物館http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=2040◇プーシキン美術館展 - 東京都美術館http://www.to…

山形国際ドキュメンタリー映画祭

山形国際ドキュメンタリー映画祭2005http://www.city.yamagata.yamagata.jp/yidff/ 本日(7日)10時発の「山形映画祭貸切バス」なる(濃ゆそ〜な)乗り物で山形に向かいます。てか、ほんの1時間前まで「理由なき勘違い」によって明日(8日)出発だと思ってた…

文選・植字ライヴ

これ、行きたかったのに... 予約までしたのに... orz 印刷解体Vol.2特別企画 文選・植字ライブ 会場:LOGOS GALLERY(ロゴスギャラリー)渋谷パルコ パート1/B1日程:9月30日(金)10:00am〜10:30am / 10月8日(土)2:00pm〜2:30pm 『銀河鉄道の夜』内「印刷…

山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)

これ、行ってきます(こちトラ自腹じゃ!)。(資料を送ってくださった未來社Nさん、ありがとうございました。) 山形国際ドキュメンタリー映画祭2005http://www.city.yamagata.yamagata.jp/yidff/ プログラムとにらめっこしながら悩む。観たい作品がいくつ…

日本に生きるということ

アテネ・フランセ文化センターでは現在、山形国際ドキュメンタリー映画祭2005の「前夜祭」を開催中。9月22日は特集上映「日本に生きるということ――境界からの視線」に関連する3作品が組まれている。 『帰って来たヨッパライ』(大島渚監督、1968) 『J Movie…

東京Tシャツ部オフ会 in 東京

友人のクラゲ氏が主宰する東京Tシャツ部(*)――Tシャツ好きによる、Tシャツ好きのための、Tシャツについてのサイト――のイベントをご紹介。 (*)部員数はもうすぐ800人になる。部員No.10というのが、わたしの数少ない自慢のひとつ。 「東京Tシャツ部オフ会 in…

『レフト・アローン』@米子

『レフト・アローン』(+トークショー+交流会)@米子コンベンションセンター(2005年9月10日)http://www.leftalone.biz/koukai.html【トークゲスト】武田信明(島根大学教授)+絓秀実【会場】米子コンベンションセンター(ビッグシップ)小ホール【主催…

ブックフェア――「戦後60年」を問い直す

久しぶりに紀伊國屋書店新宿本店へ。すっかりおなじみになった5階のブックフェア、今回のテーマは「「戦後60年」を問い直す――東アジアの中の戦後日本」。選者は『占領と平和――〈戦後〉という経験』の道場親信氏。(ちなみに前回は拙ブログでも紹介した谷川茂…

日比野克彦の一人万博

明日8月6日よりスタート(〜9月19日)。展示とワークショップが合体した楽しい展覧会になりそう。 HIBINO EXPO 2005 日比野克彦の一人万博、いよいよ明日開幕!http://www.hibino.cc/opening/ 8月6日より、水戸芸術館現代美術ギャラリーにて、日比野克彦展『…

pppワークショップ

Women's Worlds――ミンナ・ドンナ・オンナ?http://ppp.blog3.fc2.com/blog-entry-9.html 行ってきました。おもしろかった。 ※が、レポートは後日とさせていただく。いまだ疲労困憊中であるに加え、今日は大事な大事な大事な手帳を紛失してしまい(いつどこで…

Women's Worlds――ミンナ・ドンナ・オンナ?

「ppp(Project of the Personal is Political)」(*)によるワークショップが開催されます。 (*)お茶の水女子大学大学院の開発・ジェンダー論コースの学生を中心として2004年夏に発足。「個人的なことは政治的である」をスローガンに、今日世界をとりま…

エンドウタケルと無鉄砲隊

「ユルくて熱いフォークロックをお届け」する、我が友エンドウタケル(id:eddie_nitro)のCDが発売されます。本日、2005年7月21日 OUT!! 【店で在庫を聞く/予約するときのための情報】名前:エンドウタケルと無鉄砲隊(遠藤建と無鉄砲隊)題名:「待ちわび…

縄文VS弥生

先日、吉祥寺駅のプラットフォームを歩いていたら、一枚のポスターに目が留まった。いかにも縄文風の女性(実物を見たことはないのだが)といかにも弥生風の女性(同上)がかっこよく並んでいて、「ガチンコ対決!!」などと書かれてある。よく見ると、国立科…

進化論/進化学

師の量子力学講義(4)@西麻布 「なぜ量子力学か」〜「なぜ場の量子論か」〜「脳の進化――ヒドラからヒトへ」ときて、最終回の今日は「進化論を今どう受け止めるか――進化論をめぐる争点」。その後、師への質問を3時間(超ハード)。

マラブー女史来日(3)

二度あることは三度あるということで、またおしかけてしまった。 講演会「世界史と喪の可塑性―ヘーゲルの未来」 講師:カトリーヌ・マラブー(Catherine Malabou)氏日時:2005年7月8日(金) 17:00-19:00会場:一橋大学佐野書院(西キャンパス南側)予約不…

マラブー女史来日(2)

毎度おしかけるのもいかがなものかと思いつつ出かけてきた。 「哲学の使命」――東京日仏学院ラウンド・テーブル@東京日仏学院エスパス・イマージュ/同時通訳付き/入場無料カトリーヌ・マラブー藤本一勇西山雄二(司会) 何故、どのようにして哲学者になる…

マラブー女史来日(1)

『わたしたちの脳をどうするか――ニューロサイエンスとグローバル資本主義』をめぐって@日仏会館/2005年7月5日(火)/午後6時/601会議室,入場無料/同時通訳付きカトリーヌ・マラブー(パリ第10大学)港千尋(写真家,多摩美術大学) カトリーヌ・マラブ…

絓秀実ゼミ

クレメント・グリーンバーグ『グリーンバーグ批評選集』藤枝晃雄編訳、青土社、2005 グリーンバーグ批評選集作者: クレメントグリーンバーグ,Clement Greenberg,藤枝晃雄出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2005/04メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 30回…

社会言語研究会

@国立企画書、草稿の検討(計3本)。ほとんど役に立てず申し訳ない。健闘を祈りつつ帰宅。お店にSHOVEL HEADのジッポーを忘れて痛恨。

出版パーティー

湯川カナ『情熱とサッカーボールを抱きしめて』出版記念パーティー@渋谷Y!時代の旧友と再会してやまない。◇関連記事:哲劇メモ > [本][新刊][サッカー] スペイン、情熱、サッカーボールhttp://d.hatena.ne.jp/clinamen/20050608/p3

場の量子論

師匠の量子力学(2)@西麻布

量子力学講義

師匠の量子力学(1)@西麻布

Tシャツ美術館@自由が丘(東京)

友人が主宰する東京Tシャツ部(*)――Tシャツ好きによる、Tシャツ好きのための、Tシャツについてのサイト――のイベントをご紹介。 Tシャツ美術館 in 自由ヶ丘アートフォーラム ワンズhttp://www.tokyotshirts.com/bijyutsukan2005/bijyutsukan2005.html 自由ヶ…

「ユリイカ*ブログ作法」打ち上げトークショー

安否が気づかわれる。(via 出不ログ) 安否を気づかわれましたが、郡編集長とタクりつつ、夜半すぎには無事帰宅いたしました。昨日にひきつづき「お仕事はかねがね」「その節はどうも」な方々とお会いできたのはうれしかった。帰ってからちょっと寝込んでし…

渋谷におでかけ

久しぶりに渋谷に赴き、タワレコやブックファーストなどを巡る。4月30日に行われる「「ユリイカ*ブログ作法」打ち上げトークショー」の予習のため、吉田アミ氏(id:amiyoshida)のCDを探してみた(予習といっても、客として話を聞きにいくだけなんだけど。…

EMCA研究会 春の研究例会

初参加。 ドロシー・スミスの社会学の読み方 ──H・ガーフィンケルとの接点を手がかりに── 発表者:上谷香陽 コメンテーター:池谷のぞみ・中村和生 司会:椎野信雄 http://weblab.seijo.ac.jp/yminami/site05.html S飲みから帰宅後、一瞬寝て、「伊勢佐木町…

isezakicho blues

四谷Sゼミ。その後、S氏を囲む会(諸般の事情により12時間)。パワーアップした「卒業」(尾崎豊)、神の領域に達したかと思われる「伊勢佐木町ブルース」(青江三奈)。6時半帰宅...青江三奈のすべてアーティスト: 青江三奈,井田誠一,吉川静夫,山口洋子,佐…

北田暁大×東浩紀トークショー

『嗤う日本の「ナショナリズム」』(北田暁大:著 NHK出版)刊行記念 北田暁大+東浩紀トークショー@青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山たいへん刺激的だった。客席から宮台真司氏も登場。嗤う日本の「ナショナリズム」 (NHKブックス)作者: 北…

もつ鍋

@黄金屋(恵比寿) http://www.koganeya.net/Yの人びとともつ鍋をつつき、オーナーさんのヴィジョンを聞く。メインのもつ鍋のほか、酢もつ、牛シマチョウ、牛ハツモト塩、なめらかプリンも美味。ごちそうさまでした。恵比寿駅に行くと、車輌故障のため山手…

Mさん

日本滞在中の元米Y人Mさん夫妻を囲んで食事会@六本木。旧交をあたためる。ひたすら楽しい会であった。Mさんはいま***特殊捜査官。2丁目の拳銃は本当にふくらはぎのところに忍ばせるんだね。明後日に帰国されるとのこと。気をつけて帰ってね。

研究会@国立

博士課程の方々の論文と論文計画を検討。終了後はネギ鍋。印象に残った言葉はMさんの 書いてから書く。(大意) すごい。

T沢オフ

Y雲先生おなかいたいです(挙手

Aくん宅

音楽プロモーターAくん宅にて、いちゃりばちょ〜でぇ〜(*)会。参加者の手土産と沖縄家庭料理。 (*)沖縄のことわざ。「いちどであえばみなきょうだい」の意。

於駒場

待つ、聞く、話す。たくさん聞き、たくさん話した。今日はもうなにもできない。

お出かけ

元『Ya**o! Internet Guide』編集長、Hさんと飲みに。久しぶり。Nくん&Mさん結婚パーティ以来か。

バレンタインデー

悲喜こもごも、今年の(*)バレンタインデー随筆大賞。 [blues]バレンタインデー今昔(id:inainabaさん)http://d.hatena.ne.jp/inainaba/20050214 おもろい... (*)今年だけで終わる可能性大。

PCメンテナンス

内蔵HDDの換装、バックアップデータの復元、ファイルの移動・整理などなど。数時間かかった。なんだか馬鹿馬鹿しいが、あまり考えないことにしよう。

ホルモン

T丘、S川のミクシィ友とホルモン焼きイベント。26時ごろオーロラTぞう氏の名言(迷言)が飛び出す。名言(迷言)を胸に帰宅。疲れてこれ以上なにもできない。メールの返事などやるべきことは残っているけれど、いったん休ませていただきます。おやすみなさい…

長谷部一郎リサイタル

新日本フィルハーモニー交響楽団などで活躍する長谷部一郎氏のチェロと原博美氏のピアノ。食事つき。曲目はポッパー「ハンガリー狂詩曲」、サン・サーンス「白鳥」、ピアソラ「グラン・タンゴ」、シューマン「トロイメライ」、プーランク「チェロ・ソナタ」…

EM自主ゼミ@国立

Jeff Coulter, "Is Contexualising Necessarily Interpretative?" Journal of Pragmatics, 21: pp.689-698, 1994とくに後半、議論がおもしろくなりそうなところで辞去。残念だった。下のといっしょに復習する(予定)。 ジャック・デリダ「署名 出来事 コン…

HDD認識論

※タイトルはイメージです。PCを起動すると、原稿や書類などのデータが入った内蔵ハードディスクドライブが認識されなくなってしまっていた。ソフトウェアでチェックしてみたり十回くらい再起動してみたり悪あがきをする。いちおうデータのバックアップは別の…

お茶と水@お茶の水

美術作家のKくんと談話。来月ひらかれる予定の彼の個展のまわりをぐるぐる。開催が楽しみ。 メモ マシュー・バーニー ブルース・ナウマン ビル・ヴィオラ リチャード・ロング ピーター・ドイグ エリザベス・ペイトン アンディ・ウォーホール ヴォルフガング…

帰京

祖母の七回忌法要を終え東京に帰還。今回はiPodを携えて帰省したのだが、田舎で聴く人間椅子は格別であった。 いらっしゃいませ ねじ屋のおやじですまずは頭をドリルでえぐります左まわりは闇と破壊への道右まわりは光と再生の道どちらでも ――人間椅子「幸福…